自衛官募集ホームページ Japan Self Defense Forces
募集コールセンター
フリーダイヤル:0120-063792 年中無休 受付時間 12:00~20:00
メールは問い合わせページから
防衛省・自衛隊

トップ  > 地方協力本部ポータルサイト  > 目指せ!幹部自衛官

“チホン”の体験イベント

自衛隊では自衛隊に関心を人達向けにさまざまな体験イベントを実施しています。就活を希望する人に対してのインターシップやオフィスツアー、実際に自衛官と同じ訓練と生活を数日送ることのできる体験入隊などの他にも、女性向けの見学ツアーなども実施されています。今回は特に自衛官に関心のある人向けの体験イベントの事例をご紹介いたします。

インターンシップで地本の業務を体験

平成28年春の新卒採用から大学生の就職活動の解禁がこれまでより遅くなることを受けて、企業側もインターンシップにより力を入れるようになってきています。自衛隊でも同様に学生が職場体験をするインターンシップを実施しており、各自衛隊や地本への申し込みによって参加することが可能です。

大学生向けインターンシップ:宮城地方協力本部

宮城地方協力本部では宮城県内に所在する部隊の協力を得て、大学生等を対象とした独自のインターンシップを実施しています。特徴的なのは、地本の募集・広報業務活動の体験を通じて、自衛隊の活動に対する興味の振起と活動に対する理解の獲得を図る目的で実施しているという点です。
大学生に対して自衛官募集グッズのデザイン作成と募集説明会の企画等、募集業務の一部を体験してもらいました。自衛隊の任務・職種及び自衛官募集・広報業務等に関する基礎的知識を学んだあと、市民の皆様に自衛隊を理解して頂くことを目的として定期的に開催されている市民防衛講座を聴講してもらったり、多賀城の陸上部隊と松島の航空部隊の施設・装備等の研修を行いました。それらを受けて、グループごとに募集グッズを作成してもらい、募集説明会の企画検討を行い、それぞれのグループで検討を行ったデザイン及び説明会の企画案についてディスカッションを行い、期待される広報効果について発表を行いました。
参加者からは、「自衛隊は堅いとかキツイというイメージを持っていたが、幅広い職種があることを知り、イメージが変わった。」、「予備自衛官補の制度を知り知人にも広めたい。」、「大学で学んできたことを活かせる職種もあり、自衛官という職業をより身近に感じることが出来た。」等、自衛隊に対する親近感が深まったという意見が多数寄せられました。

1日職場拝見で自衛隊を知る「オフィスツアー」

オフィスツアーは就職活動を控えた大学生・大学院生向けに、自衛隊「1日仕事紹介」を行う体験イベントです。各基地・駐屯地を訪問し、実際に施設・装備、働く隊員の姿を間近で見ることができ、さまざまな疑問にもお答えします。また若手幹部自衛官との懇談や部隊で指揮を執る幹部自衛官の講話によって自衛隊の魅力をお伝えします。

大学生の為の自衛官オフィスツアー:東京地方協力本部

東京地方協力本部では、自衛隊のさまざまな職場を見学するオフィスツアーを実施しています。実施場所は陸海空の各自衛隊の基地や、市ヶ谷の防衛省まで。それぞれの自衛隊に興味ある人はもちろん、自分が学んでいる学部に合わせたツアーもあり、目的に応じて訪問することができます。
例えば防衛省を訪問するツアーでは、将官の方が実際に執務するお部屋を訪問したり、座談会では実際に年齢の近い幹部自衛官の方を囲んで色々なお話が聞いています。もちろん、女性自衛官の方のお話も聞けます! また航空自衛隊入間基地でのオフィスツアーでは若手幹部との懇談はもちろん、基地ならではの体験ができ、C-1輸送機の中に入って説明も受けるなど、実際に働く現場を見ることができるのです。

本格的に訓練を体験する生活体験ツアー

自衛隊の実際の姿を広く知ってもらい、理解を深めていただくために広報活動の一つとして行っています。隊員と同じような日課で起居・宿泊してもらい、集団生活や訓練の一部を体験します。企業や団体の社員教育・研修等の代替え目的として、人気が高く、原則として団体及び企業等の申し込みによって開催されるため、通常個人での参加はできません。しかし大学生向けに個人でも参加できる生活体験ツアーがあります。

大学生向け生活体験ツアー:防衛省

防衛省で春や夏に実施している大学生ツアーです。こちらは職場見学の意味合いが強いので、企業向けの生活体験よりハードではないので、より参加しやすい体験ツアーといえるでしょう。成26年度は、4泊5日の自衛陸海空の各自衛隊を巡る大学生等サマーツアーが実施されました。場所は、陸上自衛隊 都城駐屯地 (宮崎県都城市)、海上自衛隊 鹿屋航空基地 (鹿児島県鹿屋市)、航空自衛隊 新田原基地 (宮崎県児湯郡新富町)を舞台にたっぷり5日間行われたツアーの様子は下からご覧ください。

コラム

女性向けには自衛隊を気軽に見学できるツアー

生活体験よりもライトに自衛隊を体験できる女性向けのツアーがあります。それが防衛省で実施されている「女性のための自衛隊1日見学」です。参加者は20歳以上の女性の方のみが対象で、日帰りツアーなので、泊まりはちょっと・・・という方も気軽に参加いただけます。25年度は海上自衛隊舞鶴基地、24年度は航空自衛隊千歳基地で開催されました。ツアーの概要ですが、施設見学や食堂での体験喫食、女性隊員との懇談のほか、訓練体験なども予定しています。自衛隊に興味のある方や、自衛隊イベントのファンの方に人気の企画です。

さあ、あたなも地本の人に会ってみませんか?

地本に問い合わせる
  • メールお問い合わせ
  • 地方協力本部にコンタクト