ホーム > イベント > 富士総合火力演習 > 平成29年度富士総合火力演習

平成29年度富士総合火力演習

平成29年8月27日(日)、平成29年度富士総合火力演習の公開演習を実施しました。

本演習には、隊員約2,300名、戦車・装甲車約80両、各種火砲約60門、航空機約20機等が参加し、約24,000人もの方々に御来場頂きました。
前段演習では、陸上自衛隊の主要装備である遠距離火力、中距離火力、近距離火力、ヘリコプター火力、対空火力及び戦車火力について紹介するとともに、「即応機動する陸上防衛力」の主要構成装備品である「機動戦闘車」及び「水陸両用車」を本演習で初めて公開致しました。
後段演習では、統合運用による「島嶼部における攻撃への対応」として重要な三段階である「部隊配置」、「機動展開」及び「奪回」の作戦様相を取り入れた総合的な演習を行いました。

平成29年度富士総合火力演習(映像)

平成29年度富士総合火力演習(前段演習)

平成29年度富士総合火力演習(後段演習)

平成29年度富士総合火力演習(写真集)

Googleフォトアルバム「平成29年度富士総合火力演習」


10式戦車

機動戦闘車(MCV)

水陸両用車(AAV)

平成29年度富士総合火力演習(ポスター)

平成29年度富士総合火力演習ポスター
平成29年度富士総合火力演習ポスター