本文へスキップ

立川飛行場の歴史History

旧陸軍・民航飛行場として

西暦 年号 歴  史
1922 大正11 陸軍航空第5大隊が各務原(岐阜県)から立川へ移駐
 (立川飛行場のはじまり)
陸軍飛行第5大隊へと改称
1925 大正14 陸軍飛行第5連隊へと改称
1928 昭和3 日本航空輸送(株)が立川飛行場で設立
(国内初の民間航空会社、立川〜大阪定期輸送の初運行)
御大典記念大観兵式(航空機百余機が参加)
陸軍技術研究所 所沢から移駐
1931 昭和6 東京飛行場(現東京国際空港:羽田)完成に伴い、
民間航空会社が立川から羽田へ移動
1935 昭和10 陸軍航空廠設立
1938 昭和13 陸軍航空技術研究所設立
陸軍飛行第5連隊が柏へ移駐
1940 昭和15 陸軍航空工廠設立
1945 昭和20 立川大空襲
終戦

米軍基地として

西暦 年号 歴  史
1945 昭和20 米空軍立川へ移駐(米空軍極東司令部設置)
1952 昭和27 立川基地が極東最大の輸送基地となる(朝鮮戦争)
1955 昭和30 東京調達局、立川基地拡張計画を発表
1955 昭和30 砂川事件(基地拡張反対運動)
1956 昭和31 防衛庁長官、測量中止発表
1969 昭和44 米空軍立川基地の飛行業務を停止
1969 昭和44 防衛庁自衛隊機及び民間機の立川飛行場使用を申し入れ
1971 昭和46 国有財産関東地方審議会日米共同使用了承
1972 昭和47 陸上自衛隊の年度内移駐方針、閣議了承
1977 昭和52 米空軍立川基地司令部閉鎖
1977 昭和52 米空軍立川基地日本へ全面返還

陸上自衛隊駐屯地、広域防災基地として

西暦 年号 歴  史
1972 昭和47 (陸上自衛隊)東部方面航空隊 立川基地に派遣隊を派遣
1972 昭和47 (陸上自衛隊)東部方面航空隊本部 立川に移駐
1973 昭和48 (陸上自衛隊)東部方面航空隊 立川への全面移駐完了
1977 昭和52 自衛隊の立川基地一時使用 承認
1980 昭和55 新駐屯地用地所轄換まで基地の自衛隊使用 承認
1980 昭和55 立川市議会で新立川駐屯地(現 立川駐屯地)工事着工決議
1981 昭和56 新駐屯地 建設工事着工
1982 昭和57 新設管制塔 運用開始
新設飛行場 運用開始
立川GCA(着陸誘導管制所)運用開始
1983 昭和58 新駐屯地落成 部隊移転完了
1989 平成元 天皇・皇后両陛下行幸啓(立川飛行場・昭和記念公園)
1990 平成2 高御座空輸
1991 平成3 日本で唯一の映像伝送機(立川所属)が長崎県雲仙普賢岳の災害派遣へ
1994 平成6 東部方面航空隊改編により方面飛行隊を廃止 航空隊本部付隊を創隊
東部方面航空隊改編により第1飛行隊は第1師団隷下へ
1995  平成7 立川所属の映像伝送機が阪神淡路大震災災害派遣へ
後に映像伝送機が多方面隊にも配備
サリン事件災害派遣
広域防災基地 全施設完成
2001 平成13 米国同時多発テロにより防災航空祭中止
2004 平成16 中越地震災害派遣
2005  平成17 インドネシア・スマトラ沖地震国際緊急援助隊へ隊員を派遣
パキスタン北部地震国際緊急援助隊へ隊員及びUH×2機を派遣
2007 平成19 防衛庁が防衛省へ移行(1/9)
2011 平成23 東日本大震災災害派遣
2013 平成25 局地気象レーダー運用開始

立川飛行場の変遷

立川飛行場の変遷