第1特殊武器防護隊
 

 
 第1特殊武器防護隊は、東京都練馬駐屯地に所在し、放射性物質や生物・化学などの特殊な武器での攻撃などに対しての防護を担任する師団で唯一の対特殊武器専門部隊として、特殊武器での被害状況の偵察、判別などの分析、それらの汚染を無害化する除染〈じょせん〉などの特殊武器防護に関する任務を行います。
 防護隊は過去、前身である師団司令部付隊化学防護小隊が地下鉄サリン事件、茨城県内の原子力施設における放射能漏れ事件などに出動し、保有する対特殊武器防護能力を使用し任務に当たりました。
 また、師団が防衛・警備、災害派遣を担任する都県での国民保護や大規模テロ対処などの共同訓練に参加し、警察・消防・自治体と連携しての訓練を行い、連携の強化を図っています。今後も、あらゆる事態に即応して任務にあたる部隊として訓練・業務に邁進します。

 


第1特殊武器防護隊長 紹介

隊長 
泉 巳紀也 3等陸佐
期別 99B
出身 福岡県
29年3月から現職