部隊の変遷

昭和26年5月
 第1偵察中隊として長野県松本駐屯地にて編成完結
昭和27年5月
 群馬県新町駐屯地へ移駐
昭和34年3月
 群馬県相馬原駐屯地へ移駐。
昭和37年1月
 陸上自衛隊改編、東京都練馬駐屯地へ移駐、第1偵察隊へ改称
平成4年 
 偵察隊改編、電子偵察小隊新編
平成14年
 即応予備自衛官制度の導入により、1コ小隊がコア化
                  (平成22年度末まで)
平成23年4月
 第1師団改編に伴い、1コ小隊増設

災害派遣担任地域

東京都西多摩分区(1市2町1村)
青梅市・奥多摩町・日之出町・檜原村
このページのトップ↑
このページのトップ 
トップページ
師団の活動
イベント情報
師団長
自衛官募集
リンク・サイトマップ
このサイトについてお問い合せ
師団の部隊 

隊は、平成26年6月下旬、東・北富士演習場、関山演習場、相馬原演習場において第1次師団訓練検閲を受閲しました。

師団訓練検閲
 

 
部隊の近況

シンボルマークの由来
 偵察部隊の前身である【騎兵】の馬をモチーフに、先駆部隊を象徴する一番槍を若々しさをイメージさせるグリーンで、機動力の要である馬を機甲科職種のオレンジでアレンジしてデザインしました。昭和57年より使用しています。
 

シンボルマークの由来について

第1偵察隊長紹介


隊 長 
本吉 幸則 2等陸佐
出身 千葉県
防大 36期
25年8月から現職
第1偵察隊のロゴマーク
第1偵察隊
 第1偵察隊は、東京都練馬駐屯地に所在し、師団の行動に必要な情報を、偵察用オートバイや偵察警戒車などの車両や各種偵察用器材を使用して情報収集任務に当たる部隊です。
 また東京都の西多摩地区を災害派遣担任分区としており(以下細部下表)、主に同地区の防衛・警備災害派遣等を担任しています。
 過去に偵察隊は、三宅島火山の噴火による災害派遣においてはその機動力を発揮しての被災状況の情報収集や、平成19年の新潟県中越沖地震災害派遣では、給食支援などを実施しました。
 今後も偵察隊は有事に備え、速やかに任務に対応しうる部隊として訓練に邁進します。
 

第1師団ホームページ