練馬駐屯地

 

 池袋から西へ約7km、川越街道沿いにある練馬駐屯地は、戦時中(昭和15年)東京第1陸軍造兵廠の資材置き場でした。
 戦後(昭和20年)は大蔵省関東財務局に引き継がれ、昭和25年、警察予備隊発足にあたり、東京及び関東を警備する主力部隊の第1管区隊所在駐屯地に決定。
 昭和26年12月15日練馬駐屯地として開庁しました。       

練馬駐屯地


アクセス