前史

警察予備隊令施行令公布施行
 (1950年8月10日)

保安庁発足
 (1952年8月1日)

陸上、海上、航空自衛隊発足
 (1954年7月1日)


 1960年1月14日、練馬駐屯地において、第1管区音楽隊(現、第1音楽隊)から選抜された、渡邉隊長以下曹士17名により編成を完結し、翌2月には36名編成となる。編成完結時の楽器構成は下表の通りである。


楽器名 幹部 陸曹 陸士
指揮者
フルート
オーボエ
ファゴット
クラリネット
サクソフォン
トランペット
ホルン
パーカッション
サービスセクション
17


 初代隊長、渡邉 一3等陸佐(1960年1月14日-1965年3月15日)


 発足から6年間を過ごした最初の訓練場。写真は1999年頃撮影したもの。2012年5月の時点で現存していた。


 この時期最大のトピックはなんと言っても1964年10月10日からの、第18回オリンピック夏季競技大会(東京オリンピック)における、開会式や表彰式における演奏支援である。また同年11月8日は1964パラリンピックにおいても演奏支援を行う。
 画像は1964年10月10日、東京オリンピック開会式を写した一枚である。。 晴れ渡った土曜日の国立競技場において、選手入場行進の先頭を切る自衛隊音楽隊。もちろん東部方面音楽隊も含まれている。記録には「聴衆人員78、000人」と記載されている。



 聖火台の前で指揮をとる渡邉隊長。
朝霞駐屯地設置
 (1960年3月15日)

カラーテレビ放送開始
 (同年9月10日)

浅沼稲次郎社会党委員長刺殺される
 (同年10月12日)
ベルリンの壁が構築される
 (1961年8月13日)
キューバ危機
 (1962年10~11月)
アメリカのケネディ大統領がダラスで暗殺される
 (1963年11月22日)
トンキン湾事件
 (1964年8月2日)


第18回オリンピック東京大会開会
 (同年10月10日~24日)
自衛隊からは、重量挙(フェザー級)優勝三宅義信3陸尉、1万メートル6位円谷幸吉3曹、レスリング(フェザー級)4位桜間幸次3尉、マラソン3位円谷幸吉
米国北爆開始
 (1965年2月7日)
中国、文化大革命開始
 (1966年5月16日)