災害派遣・国際平和協力活動

主要災害派遣等、活動内容

国 内
昭和58年10月 三宅島噴火
昭和60年8月 御巣鷹山日航機墜落事故
昭和61年11月 伊豆大島三原山噴火火災
平成3年6月 雲仙普賢岳噴火
平成5年7月 北海道南西沖地震
平成7年1月 阪神淡路大震災
平成12年3月 北海道有珠山噴火
平成19年7月 新潟県中越沖地震
平成19年10月 緊急患者空輸(木更津から伊丹)
平成23年3月 東日本大震災
平成26年9月 御嶽山噴火
平成27年9月 関東・東北豪雨
平成28年4月 熊本地震
平成29年4月 東北地区山林火災
平成30年9月 北海道胆振東部地震
国 外
平成17年1月〜3月 スマトラ島沖国際緊急援助隊活動
平成22年8月〜11月 パキスタン国際緊急援助隊活動
平成25年11月〜12月 フィリピン国際緊急援助隊活動

第1ヘリコプター団が参加した主な災害派遣

第1ヘリコプター団は創隊以来、人命救助・物資の輸送等の災害派遣に参加し、民生の安定に寄与させていただきました。

生存者の救出、物資等の空輸支援(日航機墜落事故)
救援物資等の空輸支援(阪神淡路大震災)
重機の空輸(新潟県中越沖地震)

東日本大震災(平成23年3月11日から)

人命救助・行方不明者捜索活動:3月11日未明より東北地方に推進し、取り残された被災者の空輸、また、必要資材等の物資空輸、ヘリコプターからの行方不明者の捜索を実施しました。

人命救助:平成23年3月12日
人命救助:平成23年3月12日仙台市荒浜地区
患者空輸:平成23年3月13日
原子力災害派遣活動:原子炉建屋への放水任務を実施しました。
福島第一原子力発電所における原子炉建屋へのCH−47からの空中放水準備
CH−47からの空中放水任務時の服装
福島第一原子力発電所における原子炉建屋への救難消防車による地上放水

山林火災と消火バケツ

4機のCH−47による空中消火
野火消火器材T型
(BANBI BUCKET)
可能水量約7500L
地上における給水不可能
野火消火器材U型
(BIG DIPPER BUCKET)
可能水量約7500L
地上における給水可能

スマトラ島沖国際緊急援助活動

インドネシア・スマトラ島にて、3機のCH−47を現地へ派遣し、物資空輸等援助活動を行いました。
派遣期間:平成17年1月26日〜同3月6日

海上自衛隊輸送艦「くにさき」で現地へ輸送するCH−47
救援物資空輸
現地の子供たち

パキスタン国際緊急援助活動

パキスタン・イスラム共和国で起こった大洪水のため、3機のCH−47を現地へ派遣、物資空輸等、援助活動を行いました。
派遣期間:平成22年8月21日〜同11月9日

ロシアの輸送機アントノフによりCH−47を空輸
海上自衛隊輸送艦「しもきた」により2機のCH−47を輸送
現地での活動の様子

フィリピン国際緊急援助活動

台風30号によって大きな被害をうけたフィリピン共和国に3機のCH−47を派遣し物資空輸等、援助活動を行いました。
派遣期間:平成25年11月16日〜同12月20日

現地上空
救援物資空輸
救援物資空輸

要人空輸

国内外の要人の空輸を担任しています。

平成元年:大喪の礼
成田空港〜迎賓館
平成2年:即位の礼
成田空港〜迎賓館
平成12年7月:沖縄サミット
平成20年7月:洞爺湖サミット
平成28年5月:伊勢志摩サミット