本文へスキップ
お問合わせ : TEL.03(3411)0151内線(6224)
F A X : TEL.03(3411)0151内線(6208)
ご予約変更 : 
TEL.03(3411)0151内線(6212)

住 所:〒154-8532 東京都世田谷区池尻1-2-24

心臓血管外科Cardiovascular Surgery

心臓血管外科の紹介

 当科においては、当科および呼吸器外科で取り扱う多くの疾患を、主として手術療法によって治療しています。 この際、インフォームドコンセントを大切にし、患者さんやご家族に納得していただいた上で治療法を選択すると同時に、すべての医療スタッフを含めたチーム医療を行うことを心がけています。  
 また、心臓血管外科・呼吸器外科の専門医がそれぞれの疾患を診療するだけでなく、毎朝・夕の回診やカンファレンスにおいて、互いにそれぞれの専門的見地からの意見交換をし、さらには内科、放射線科、病理科等との情報交換やカンファレンスを通じて、包括的な診療が可能な態勢をとっています。


診療内容

全 般   
 成人心臓病を主体として、冠動脈バイパス術、弁膜症、不整脈等の手術、ペースメ ーカー植込み術、大動脈瘤等の大血管手術、末梢血管手術等を施行しています。

疾患別

・冠動脈
 疾患重症冠動脈疾患患者に対して、冠動脈バイパス術を行っております。静脈グラフト、 動脈グラフトを適切に使い分け、体外循環を使用しないオフポンプ手術を多く行っています。僧帽弁や心室中隔等を同時に手術する場合には体外循環を用いています。  
 待機手術だけでなく、緊急手術にも常時対応しています。

・弁膜症   
 大動脈弁、僧帽弁、三尖弁疾患に対して、弁置換術や弁形成術を行っております。 また感染性心内膜炎に対する緊急あるいは準緊急手術も積極的に行っています。

・大血管疾患    
 胸部および腹部の大動脈瘤や大動脈解離に対する手術を行っております。致死率の 高い胸部大動脈解離においては、緊急手術の適応となる上行大動脈解離を伴う症例 (Stanford A)の手術も積極的に行っております。 この際には、脳分離循環や循環停 止法、脊髄保護などを行い、合併症の少ないより安全な手術を心がけております。 ま た、胸部および腹部の真性動脈瘤に対しても、待機手術だけではなく、切迫破裂や破 裂症例に対する緊急手術も行っています。腹部大動脈瘤・胸部大動脈瘤には積極的に ステントグラフト内挿術を行っております。

・末梢血管疾患  
 閉塞性動脈硬化症に対する血行再建術、透析導入予定の患者さんへの内シャント造設術 等を行っています。下肢静脈瘤治療には、ストリッピング手術や硬化療法に加え血管内焼 灼術(レーザー手術・ラジオ波手術)も行っています。


第4外科部長の紹介



経歴
 1989年  大阪医科大学医学部卒業
 1989年  順天堂大学 外科 研修医
 1991年  順天堂大学 胸部外科講座 助手
 1995年  イタリア San Camillo DeLellis Hospital留学
 1996年  順天堂大学 胸部外科 助手
 2000年  虎の門病院 循環器センター 外科
 2003年  順天堂大学 心臓血管外科講座 臨床講師
 2005年  埼玉東部循環器病院 心臓血管外科部長
 2007年  さいたま市立病院 心臓血管外科科長
 2010年  独立行政法人国立病院機構埼玉病院 心臓血管外科医長
 2011年  慶應義塾大学医学部 客員講師 
 2014年  独立行政法人国立病院機構埼玉病院 心臓血管外科部長 
 2016年  自衛隊中央病院 第4外科(心臓血管外科)部長 現在に至る

主たる研究分野
 後天性心疾患、心拍動下冠動脈バイパス術、虚血性心筋症の外科治療

主たる所属学会
 日本外科学会
 日本胸部外科学会
 日本心臓血管外科学会
 日本循環器学会
 日本冠疾患学会
 冠動脈外科学会

資格等
 ◆日本外科専門医
 ◆心臓血管外科専門医・修練指導医
 ◆日本外科学会認定医・指導医
 ◆日本胸部外科学会認定医・指導医
 ◆腹部、胸部ステントグラフト実施医