西部航空警戒管制団

基地紹介

任務

 航空自衛隊は、領空侵犯に備え、レーダーサイトにより我が国と周辺上空を24時間態勢で監視しています。
 領空侵犯のおそれのある航空機を発見した場合、戦闘機を発進させ、当該航空機の行動を監視したり、領空
接近の旨を通告したりしています。

防空の概念図

防空の概念図


西部航空警戒管制団の部隊

 西部航空警戒管制団は、団司令部の他、下記の部隊で編成されています。
西部防空管制群 高畑山分屯基地 脊振山分屯基地
   西部防空管制群
     (春日基地)
    第13警戒群
  (高畑山分屯基地)
    第43警戒群
  (脊振山分屯基地)
高尾山分屯基地 下甑島分屯基地
     第7警戒隊
  (高尾山分屯基地)
     第9警戒隊
  (下甑島分屯基地)
福江島分屯基地 見島分屯基地 海栗島分屯基地
    第15警戒隊
   (福江島分屯基地)
    第17警戒隊
   (見島分屯基地)
    第19警戒隊
   (海栗島分屯基地)
春日基地
    第3移動警戒隊
     (春日基地)
整備補給群 基地業務群 土佐清水分屯基地
    整備補給群
    (春日基地)
    基地業務群
    (春日基地)
   土佐清水通信隊
  (土佐清水分屯基地)

部隊の配置

 西部航空警戒管制団は、中国・四国・九州地方を担当しています。 部隊の配置図