Emblem

ホーム > Emblem

Emblem

【制定】
 平成9年6月13日
【意味】
 マーク中央の鷲は、航空自衛隊のシンボルであり、その中でも道東地域のみに生息する尾白鷲をデザインしたもので この鷲が道東の空を睨み続けているところをイメージしたものです。また、マーク下部の26を囲む赤い円は、日本で最も早い日の出を迎える根室の地に因み、日の出の太陽を表現したもので「希望」と「躍進」を意味するものです。
    

 

北部航空警戒管制団隷下部隊エンブレム

エンブレムをクリックするとジャンプします