部隊活動

ホーム > 平成30年度

部隊活動

 職場体験学習

 30年10月26日(金)、第26警戒隊は根室高等学校の2年生4名の職場体験学習の支援を行いました。
 航空自衛隊の概要説明及び広報ビデオ視聴に続き、実際の業務を体験してもらいました。内容は、施設班での特殊車両の体験搭乗及び防火服の脱着、通信・有線係でのモールス信号通信及び野外電話体験、警備係での装具脱着及び警備車両体験搭乗でした。皆さん積極的に取り組んでもらい、嬉しく感じました。また、航空自衛隊に興味を持ってもらえたと思いました。
 将来、皆さんと一緒に勤務できることを第26警戒隊隊員一同、楽しみにしています。

   

 ▲概要説明

   

 ▲施設業務体験

   

 ▲通電業務体験

   

 ▲喫食体験

   

 ▲警備業務体験

   

 ▲記念撮影

 「芸能のひととき」への参加

 平成30年10月21日(日)、根室市総合文化会館において第37回職域かくし芸大会「芸能のひととき」が開催され、第26警戒隊からは隊長以下10名の隊員が参加しました。
 かくし芸の内容は、西部警察をモチーフにした射撃訓練の風景(隊長脚本)を寸劇で表現しました。本番では席からも笑いが上がり、市民の方々と自衛隊の関係が更に深まったと感じました。

   

 ▲隊長挨拶

   

 ▲寸劇風景1

   

 ▲寸劇風景2

 秋の一斉清掃

 根室分屯基地は、根室市が企画する「秋の全市一斉清掃」の一環として、10月18日(木)に基地外周の一斉清掃を実施しました。
 基地外においてペットボトルや空き缶、タバコの吸い殻等、多くのゴミが発見されましたが、参加した隊員の「きれいな街づくり」という思いにより、たくさんのゴミを回収することができました。

   

 ▲清掃風景1

   

 ▲清掃風景2

 秋の輸送繁忙期の交通安全運動における街頭啓発

 平成30年10月16日(火)、根室市交通安全推進協議会が主催する「秋の輸送繁忙期の交通安全運動」に伴い、合同庁舎前交差点において街頭啓発が行われ、根室分屯基地から10名の隊員が参加しました。参加した隊員は「交通安全」の旗を使用し、積極的に啓発を行いました。



 自衛官候補生合格通知伝達式

 平成30年10月15日(月)、根室分屯基地において陸、空自衛官候補生に合格した根室市在住の高校生3名に対し合格通知伝達式を行いました。
 第26警戒隊長から、辛いこともあるかもしれないが楽しいことも沢山あるので頑張ってくださいと激励の言葉をいただきました。


 根室牡蠣祭り&根室餃子祭り

 第26警戒隊総括班は、10月13日(土)に根室牡蠣祭り&根室餃子祭り(BBQ)を行いました。晴天に恵まれたBBQでは、牡蠣や灯台つぶなど根室ならではの魚貝類を堪能し、中でも一番人気だった隊長の手作り餃子は、出来上がったと同時にすぐさま売り切れ状態になるほどの大人気でした。隊員家族も参加し、笑いの絶えないBBQとなりました。

   

 ▲今が旬の牡蠣

   

 ▲隊長手作り餃子

   

 ▲BBQ風景

 根室市地域防災特別授業「高校生防災会議」

 第26警戒隊は、10月13日(土)、根室高校で開催された根室市地域防災特別授業「高校生防災会議」に参加しました。根室高校生約600名と各関係自治体防災担当者が参加し、避難訓練や高校生から関係自治体への質問に答える等、高校生の防災に関する意識と知識の向上に貢献しました。

   

 ▲高校生からの質問に回答をする髙橋2尉

 歯舞小学校社会科見学

 平成30年10月12日(金)、歯舞小学校の5、6年生31名が社会科見学のため根室分屯基地を訪れました。自衛隊の概要説明の後、災害派遣資材を見学し大変興味を示していました。また、応急救護や搬送法を隊員と体験し、自衛隊の仕事を理解していただきました。

   

 ▲記念撮影(5年生)

   

 ▲記念撮影(6年生)

 厚床-根室駅伝競争参加

 平成30年9月30日(日)、第61回厚床-根室駅伝競走が開催され、第26警戒隊からも5名(1チーム)が参加しました。台風24号の接近にともなう悪天候と前日の熊の目撃情報(走路上)といった状況ではありましたが、最後までタスキをつなぎ一般2部で優勝(4連覇)することが出来ました。また、山下1曹と濱野技官がそれぞれの区間で区間賞を受賞しました。

   

 ▲一般2部優勝

 絆の日

 平成30年9月28日(金)、今月の絆の日は准曹の企画でバーベキューを開催しました。秋の気配を感じる寒さの中でしたが51名が参加し、誕生月ごとに分かれ、普段あまり関わることの少ない隊員同士においても団結を図ることができました。

   

 ▲乾杯!

   

 ▲お父さんと一緒

   

 ▲私の女子力を見て!

   

 ▲フランクに夢中?

 小野寺防衛大臣部隊視察

 平成30年9月23日(日)、根室分屯基地は小野寺防衛大臣による部隊視察を受けました。基地到着後、隊員による出迎えを受け基地内を視察されました。訓示では、隊員に課せられた責務の重さを認識し、一層奮励努力することを期待すると述べられました。

   

 ▲出迎え

   

 ▲記念撮影

   

 ▲懇談

   

 ▲施設巡視

   

 ▲訓示

   

 ▲見送り

 平成30年度北海道胆振東部地震の部隊活動

 平成30年9月6日(木)午前3時7分に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」において亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に御見舞申し上げます。
 第26警戒隊は、地震発生後、隊長を核心とし、速やかに災害派遣準備を実施しました。また、根室全域の停電に伴う断水に伴い、根室市からの給水支援の要請を受け、根室市浄水場にて1トン水タンク車に生活用水を給水し、出動に備えました。(その後の市からの連絡により、実際の給水支援活動には至りませんでした。)

   

 ▲牽引用トラック

   

 ▲1トン水タンク車

   

 ▲根室市浄水場での給水風景

 帯広地方協力本部艦艇広報支援

 9月1日(土)~9月2日(日)、ねむろ港において根室かに祭りと掃海艇「いずしま」の一般公開に合わせて、 自衛隊帯広地方協力本部が実施する艦艇広報の支援(装備品展示等)を行いました。2日間とも久しぶりの晴天に恵まれ大盛況でした。多くの方々に興味を持っていただけるよう自衛隊パンフレットや広報グッズを配布し、 広報活動を行いました。また、制服などの試着コーナーでは、自衛隊員と同じ尉制服で展示していた軽装甲機動車と一緒に記念写真を撮る方も多く、 たくさんの方に自衛隊をPRすることができました。

   

 ▲たくさんの方に自衛隊をPR

   

 ▲青空に映える「いずしま」

   

 ▲花咲かに・・・おっきい!

 平成30年度根室市総合防災訓練

 第26警戒隊は、平成30年度根室市総合防災訓練に参加しました。会場の根室市花咲港に第26警戒隊が保有する災害派遣資材や軽装甲機動車を展示し、参加した市民の皆様に興味を持っていただくことができました。天候不良のため、 残念ながら千歳救難隊救難ヘリコプターによる訓練参加は中止となりましたが、各関係機関との連携要領を確認することができました。

   

 ▲海水等から飲料水を生成する造水機の展示

   

 ▲人命救助システムⅡ型(人命救助に必要な器財を格納、運搬可能)

   

 ▲海上自衛隊との共同による緊急物資輸送訓練

   

 ▲倒壊家屋捜索救助訓練:軽装甲機動車による偵察

 最東端ねむろシーサイドマラソン参加

 平成30年8月19日(日)、第2回最東端ねむろシーサイドマラソンが開催され第26警戒隊からも12名が参加しました。気温25℃、天候は晴れでランナーにとっては少々つらい環境の中、沿道からの大声援もあり無事、 全員が完走することが出来ました。日々の訓練の成果を発揮することが出来たとともに、地域の方と交流ができ、大変充実したマラソン大会になりました。来年はより多くの隊員が参加することを願っています。

   

 ▲完走後の達成感でいっぱい!

 ねむろ金刀比羅神社例大祭御輿奉担支援

 平成30年8月9日(木)~11日(土)の間、根室市では北海道三大祭りの一つである「ねむろ金刀比羅神社例大祭」が開催されました。 8月11日(土)、例大祭を盛り上げるため、そして地元周辺地域活性化のため、根室分屯基地から総勢53名の隊員が神輿の奉担支援に参加しました。
 当日は雨の降る中、揃いの衣装に身を包んだ隊員は、びしょ濡れになりながらも1.5トンの御輿を担ぎ「わっしょい!わっしょい!」と力強い掛け声を響かせ、 御旅所から金刀比羅神社までの道のり約10㎞を練り歩きました。

   

 ▲集結!お祭り男達


   

 ▲「わっしょい。わっしょい。」

 北部航空警戒管制団司令初度視察

 30年8月7日(火)、第26警戒隊は8月1日付で第26警戒隊の親部隊である北部航空警戒管制団(以下「北警団」)司令に就任した坂梨将補の部隊視察を受けました。今回の部隊視察は、 坂梨団司令にとって初めての部隊視察(三沢基地所在部隊を除く。)となりました。訓示では、統率方針「気合い」をもって職務にあたるとともに、北警団を風通しの良い明るく元気で精強な部隊にする考えを示しました。 幹部隊員との昼食会では、根室オリジナル空上げ(唐揚げ)の昆布空(こぶから)を堪能し、その後、隊員の見送りを受け、根室の地を後にしました。

   

 ▲出迎え風景

   

 ▲記念写真風景

   

 ▲訓示風景

 九州圏人会 in 根室

 県人会シリーズ第2弾として、30年7月27日(金)に、九州出身者による「九州圏人会」を開催しました。残念ながら全員の出席とはなりませんでしたが、とんこつラーメンの麺の硬さの種類や某県の テレビチャンネル数、各県の観光地やグルメ情報等、共通の話題で盛り上がり、まるで九州の実家に帰ったような心温まる会になりました。
 故郷から遠く離れた根室で集うことができた奇跡に感謝するとともに、任務遂行のために極めて重要である「団結」を更に強化するためにも、本格的な冬が訪れる前にもう一度集うことを約束して解散しました。

   

 ▲共通の話題で盛り上がりました。

   

 ▲また集まって酒ば飲もたい!

 北部航空方面隊副司令官部隊視察

 30年7月24日(火)、第26警戒隊は北部航空方面隊副司令官時藤将補による部隊視察を受けました。根室特有の霧で副司令官搭乗ヘリの到着が危ぶまれましたが、26警隊員の思いが通じたのか、無事に着陸できました。
 到着後、状況報告、基地内巡視のほか、会食において歯舞昆布を使用した根室分屯基地オリジナルから揚げについて、「旨い!」との感想をいただきました。
 訓示において隊員を激励し、根室分屯基地を後にされました。

   

 ▲出迎え

   

 ▲訓示

   

 ▲記念撮影

 帯広地方協力本部広報支援

 7月15日(日)、「ねむろ港まつり」において、自衛隊帯広地方協力本部が実施する広報の支援(装備品展示、制服試着等等)を実施しました。 当日は雨が降る悪天候の中、「ねむろまるごとバザール」の人気企画「はたらくクルマ体験展示コーナー」で、軽装甲機動車等の展示を行いました。 また、自衛隊パンフレットや広報グッズを配布し、多くの方々に興味を持っていただけるよう広報活動を実施しました。

   

 ▲雨の中・・・装備品等展示

 ▲自衛隊をPR中

 千人踊り

 30年7月14日(土)に、根室分屯基地司令以下26名が「ねむろ港まつり」の名物行事「千人踊り」に参加しました。事前に振付を練習したものの踊りに不安を隠せない隊員もいましたが、「新根室音頭」に乗って市内中心部約2キロの道のりを楽しく踊り終えました。

   

 ▲事前練習の様子

 ▲分屯基地司令も笑顔!

 ▲敬礼に似てる?

 持続走大会慰労会

 先日、根室分屯基地内において行われた、「平成30年度北部航空警戒管制団持続走大会」の慰労会(BBQ)を7月9日に実施しました。当日は、悪天候のため急遽屋内主体での開催となりましたが、会場には多くの隊員が駆けつけ、持続走の選手及び大会運営委員たちをねぎらいました。

 ▲乾杯!

 ▲悪天候のため外でテントを張り調理

 ▲隊員を激励する第26警戒隊長

 開陽台マラソン

 30年7月8日(日)、中標津町で第10回開陽台マラソンが開催されました。気温20℃、天気は曇りという走りやすい環境の中、総勢1,151名が開陽台を目指して走りました。第26警戒隊からは8名が参加し、アップダウンの激しいコースを全員が完走することが出来ました。その中でも、高校生から39歳までの部において野宮2曹(1時間17分12秒 5/198位)、40歳から59歳までの部において太田2曹(1時間22分54秒 3/289位)がそれぞれ好成績を収め、表彰されました。これも日頃の訓練の成果であり、引き続き練成していきたいと思います。

 ▲全員完走!!

 分屯基地司令による部外講話

 30年7月6日(金)、根室自衛隊協力会通常総会閉会後、根室分屯基地司令が「平成30年度航空自衛隊の概要」について、講話を実施しました。
 常日頃からご支援とご協力をいただいている根室自衛隊協力会の皆様に、航空自衛隊の任務活動や装備品等の写真を紹介し理解を深めていただくとともに、自衛隊として、米国だけではなくオーストラリアをはじめとする多くの国々との防衛交流の推進及び共同訓練など、航空自衛隊の最新の状況を紹介しました。

 ▲講話風景

 職場体験学習

 30年7月6日(金)、別海中央中学校の2年生4名の職場体験を行いました。航空自衛隊の概要説明及び広報ビデオを見た後、実際の業務を体験してもらいました。特に、通電業務体験の「モールス信号による通話伝言」は初めて見るもので皆さん苦戦していましたが、興味深々で「珍しい体験ができた」と喜んでいました。
 自衛隊というと怖いイメージを持たれるかもしれませんが、今回の体験により隊員との親交を深め、航空自衛隊に興味を持ってもらえたと思います。
 将来、みなさんと一緒に仕事ができることを第26警戒隊隊員一同、楽しみにお待ちしています

 ▲防弾チョッキ体験

 ▲昼食

 ▲通信ケーブルの被膜剥き

 ▲モールス信号体験

 ▲記念撮影

 北部航空警戒管制団持続走大会!

 30年6月28日(木)、北部航空警戒管制団持続走大会が、根室分屯基地で開催されました。北海道と東北が集合した計11チームが、団体戦(駅伝)、個人戦で競い、熱戦を繰り広げました。第26警戒隊は個人個人がベストタイムを出したものの惜しくも優勝を逃しましたが、2名の隊員が区間賞を勝ちとりました。選手達は、この大会に向けた、約3ヶ月間に及ぶ厳しい訓練の成果を発揮する事ができました。

 ▲団体戦スタート!

 ▲1区から2区へ!

 ▲3区激走!区間賞を受賞!

 ▲ゴールまで、あと少し!

 ▲後輩から先輩へ!

 ▲アンカー!軽快な走り!

 ▲区間賞を受賞(6区)!

 ▲大会会長(左)も激走!

 ▲記念撮影!

 持続走大会強化訓練・準備

 来たる6月28日、根室分屯基地内において、平成30年度北部航空警戒管制団持続走大会が行われます。第26警戒隊は道内、東北地方から参加する各部隊を迎え撃つべく、選手を厳選し、本番に向けて日々訓練に励んでおります。また、大会運営部隊として、参加選手の受入れや会場設営を進めており、大会を成功させるべく、隊の総力をもって準備を進めています。

 ▲精鋭たる第26警戒隊持続走大会メンバー

 ▲本部設営の様子

 海上自衛隊大湊音楽祭演奏会における広報活動支援

 30年6月10日(日)、海上自衛隊大湊音楽祭演奏会中標津公演が開催されました。これに合わせて自衛隊帯広地方協力本部が広報活動を行い、第26警戒隊はこの活動の支援を行いました。会場入口付近に設置した自衛隊帯広地方協力本部ブースにおける窓口担当として、お客様にパンフレットを配布しながら、楽しくお話をし、自衛隊のPRを実施しました。ご来訪いただいたお客様には、自衛隊が身近な存在であることを感じていただけたのではないかと思います。

 ▲身近な自衛隊をPR!

 ▲アンケートを書いてもらいました。

 1/四半期航空自衛隊食育の日

 30年6月7日(木)は、「航空自衛隊食育の日」でした。隊員食堂で、食育に関する献立を提供します。今回の食育の日のテーマは「所在部隊のご当地献立」です。水産物豊かな根室において、根室分屯基地の誇る基地業務小隊厚生班給養係が「ご当地献立」に選んだのは「辛子明太子入りさんま」です。その選定理由は、近年、漁獲量が減少している根室産秋刀魚を隊員に食べてもらうことで、根室のご当地食材を堪能してもらうだけでなく、限られた海産資源を大切にする気持ちを持ってもらいたいと考えたからです。因みにこの「明太子入りさんま」は根室の水産加工会社の工夫、アイディアによるものです。この他にも、ご当地食材を使用した「鹿肉のニンニク醤油炒め」と「あさり汁」を提供しました。隊員は、ご当地料理に舌鼓を打ちつつ、根室の新鮮で豊かな食材と「食」のありがたさを噛みしめていました。

 ▲根室名物辛子明太子入りさんま!

 ▲繊細さが命の秋刀魚の焼き作業!

 ▲ん~。美味い!

 厚岸牡蠣祭り

 30年5月12~20日の間、根室市近傍の厚岸町において第69回あっけし桜・牡蠣まつりが開催されました。根室分屯基地からも多数の隊員が参加し、厚岸町名産の牡蠣に舌鼓を打ちました。
 会場では新鮮な牡蠣をはじめとした海産物や串を購入し、その場で炭火焼を楽しむことができました。焼き台を囲んで隊員間の親睦を深めるとともに、海の幸を堪能し、地域への理解を深めることができました。当分屯基地には道外出身の隊員も多く、北海道の食の豊かさに喜んでいました。
 あっけし牡蠣祭りは、毎年5月と10月に開催されます。毎年多くの隊員が楽しみにしています。

 ▲日本最遅の花見が楽しめます

 ▲焼き台は現地でレンタルできます

 持続走大会!

 第26警戒隊は、5月18日(金)に根室分屯基地内で持続走大会を開催しました。隊員は、4チームに分かれて各チーム全力で優勝を競い合い、日頃の体力練成の成果を発揮しました。

 ▲たすきの受渡し

 ▲隊長からバトンタッチ

 ▲優勝カップ授与

 ▲優勝チーム

 北部航空警戒管制団司令部隊視察

 30年5月17日(木)、第26警戒隊は、北部航空警戒管制団司令の視察を受けました。今回の視察は6ヶ月ぶりの根室訪問になり、我々が元気に勤務している姿を実地に見ていただくことができました。訓示では「プロの集団であれ」、「相互に補完しあいながら任務を完遂せよ」と要望され、その後、隊員とともに体力練成に励みながら、普段からの訓練の重要性を体現されました。離隊時における見送りでは全隊員と相互に敬礼を交わされ出発されました。

 ▲訓示1

 ▲訓示2

 ▲体力練成

 ▲見送り

 熊本県人会 in 根室

 30年5月12日(土)に、分屯基地所属の熊本県出身者による「熊本県人会」を開催しました。これは、部隊の垣根を越えた交流を図り融和団結の資とすることを目的とし開催したものです。北海道出身者が多数所属している中、熊本県出身者も負けじと集い、「肥後もっこす※」による「熊本弁」で「熊本愛」について熱く 語り、大いに盛り上がりました。
 次回は対象範囲を拡大し、「九州圏人会」の開催を目論んでいます。

 ※熊本弁で「頑固者」を表す言葉であり、熊本県民に多くみられる頑固で反骨的な性格を指す言葉とされています。

 ▲根室自衛隊の「肥後もっこす」

 春の全市一斉清掃

 根室分屯基地は、根室市が企画する「春の全市一斉清掃」への参加として、5月11日(金)に基地外周の一斉清掃を実施しました。 基地外においてペットボトルや空き缶、タバコの吸い殻等、多くのゴミが発見されたが、参加した隊員の「きれいな街づくり」という思いにより、たくさんのゴミを回収することができました。

 ▲きれいな街にしよう


 移動献血車「ひまわり号」来基

 30年5月9日(水)、根室分屯基地に北海道釧路赤十字血液センターの移動献血車「ひまわり号」が来基しました。献血には52名の隊員が協力し、提供できた血液量は20.6リットルでした。
 隊員一人一人が献血の大切さを理解するとともに、血液不足の解消に大きく貢献することができた1日となりました。

 ▲来基した「ひまわり号」

 ▲笑顔で受付する隊員

 ▲副隊長も率先垂範

 体力測定!

 今年度、初の体力測定を根室分屯基地で行いました。隊員は、根室の寒い冬の間も訓練に励み、体力訓練の成果を発揮することができました。

 ▲3km全力疾走!

 ▲腕立て伏せ新記録達成!

 ▲腹筋は正しい姿勢で!

 ▲幅跳び!スピード・跳躍力が大切

 ▲懸垂!隣に負けるな!!

 監視小隊による体力練成

 30年4月20日(金)、監視小隊において体力練成の一環として、フットサルを実施しました。自衛官は身体が資本であるため、勤務の合間を活用して体力練成に励みます。今回はフットサルにより、隊員同士の団結を更に強くすることもできました。



 第33代第26警戒隊長兼ねて根室分屯基地司令着任

 30年4月17日(火)、第33代第26警戒隊長兼ねて根室分屯基地司令として小宮2佐が着任しました。着任式においては、隊員に対し「各員業務に邁進し、個々の知識と技能を高め躍進して欲しい。」と要望事項を述べたとともに、隊員一丸となって任務を遂行する決意を示しました。あわせて各施設を巡視するとともに基地内に居住する隊員の状況を視察し、部隊任務遂行の原動力である隊員の活力のある様子を確認しました。

 ▲部隊全隊員による出迎え

 ▲着任式における訓示

 ▲基地内巡視

 根室分屯基地司令離任式

 30年4月13日(金)、富岡元分屯基地司令の離任式が実施されました。離任に際して、「根室分屯基地に希望で着任し、2年余の充実した期間を過ごした」こと、また「この根室の地を離れても根室を応援し続ける」ことをお話になりました。式終了後には参加隊員との記念撮影、そして見送りが行われ、全隊員と握手を交わしながら、名残惜しくも笑顔の絶えない別れでした。

 ▲訓示

 ▲記念撮影

 ▲見送り風景

 根室市春の交通安全運動『街頭啓発』

 30年4月10日(火)、根室市春の交通安全運動『街頭啓発』に参加しました。「スピードダウン」や「シートベルト着用」の、のぼり(旗)を力いっぱい振って、運転手や歩行者のみなさんに交通安全を呼びかけました。新一年生も入学式を終え、みんなで守らなければならないと決意しました。