当分屯基地は、沖縄本土復帰の
 昭和48年、米軍からレーダー部
 隊としての任務を引継ぎ、中国、
 台湾に隣接する最西端、最南端の
 航空自衛隊の基地であり、24時
 間昼夜問わず、我が国の南西域防
 衛の最前線としての自覚と誇りを
 持ち隊員一丸となり日々の任務に
 就いています。





 
■基地沿革

 
昭和19年
     旧日本軍先島集団司令部展開
     陸軍:28000人
     海軍:2000人
     電波探知機(レーダー)2基設置

     終戦後、米軍によるレーダー設置


 昭和47年10月 宮古島分遣隊編成

        12月 宮古島分屯基地発足

 昭和48年 2月 第53警戒群 新編

 平成 4年 5月 場外離発着場完成

 平成15年 3月 第53警戒隊へ改編

 平成22年 3月 新庁舎完成