第3航空団は、3月24日(金)「留守家族支援協定書調印式」を行いました。これは、地震発生時等に急遽派遣される隊員が、青森県内に生活する家族の安否を確認できない場合に、協力団体の支援を得て安否を確認してもらうというものです。

 調印式には、公益社団法人青森県自衛隊家族会(会長:對馬 敦夫 氏)及び航空自衛隊三沢基地OB会(会長:森 三郎 氏)から7名の方々が参加しました。

記念撮影の様子

(左から、公益社団法人青森県自衛隊家族会 對馬会長、第3航空団司令、航空自衛隊三沢基地OB会 森会長)

 三沢基地は、3月21日(火)「三沢基地モニター会議」を行いました。今年度は、委嘱状交付式に始まり、5回の基地見学、航空自衛隊機への体験搭乗等を通じて、航空自衛隊及び三沢基地への深いご理解をいただきました。また、本会議をもって、平成28年度三沢基地モニター活動は全て終了いたしました。

モニター会議の様子

モニター会議の様子

会食後の記念撮影

 三沢基地は、12月10日(土)「三沢基地クリスマスコンサート」を三沢市公会堂で開催しました。このコンサートは、基地周辺の市町村にお住まいの方々を対象に、初めて開催したものです。当日は、風雪に見舞われましたが、多くの方々にお越しいただきました。

 

第1部「0才からたのしむクリスマスコンサート」の様子

観客の目の前で演奏する音楽隊

「さんぽ」を歌う音楽隊の隊員

歌(さんぽ)に合わせて踊る観客とパフォーマー

トランペットとサクソフォンのデュオ(美女と野獣)

 

第2部「クリスマスナイトコンサート」の様子

第2部の始まりです

演奏の様子

サクソフォンのソロ演奏

演奏で会場を一体化させる音楽隊長

 10月8日(土) 「C−1体験搭乗」が三沢基地で開催されました。このイベントは、基地周辺の市町村にお住まいの方々を対象に航空自衛隊の中型輸送機C−1に体験搭乗していただくものです。毎年募集人員を上回る人気で、今年も160名の募集に対して、約350名のご応募がありました。当日は、雨が降るあいにくのお天気となったものの、上空では、雲の切れ間から地上の景色を眺める事ができたようです。

搭乗開始です!!

まもなく離陸です。皆さんワクワクしているようでした。
「もうすぐ上がるのかしら。」

「どのあたりをとんでいるのかなぁ。」

機内において家族で記念撮影

雲の切れ間から地上の景色を眺めることができました。

搭乗終了後、搭乗員と「はい、チーズ!」

 10月8日(土)に行われるC−1体験搭乗への応募数が募集人員を上回る数となったため、9月12日(月)に抽選会を行いました。

抽選を行った今城三沢基地司令(左)と小村第3航空団副司令(右)

抽選結果は、返信ハガキにてお知らせいたしますので、ハガキの到着を今しばらくお待ちください。

たくさんのご応募ありがとうございました。

 8月6日(土)「CH−47J体験搭乗」が三沢基地で開催されました。この企画は、三沢基地に所在する三沢ヘリコプター空輸隊の大型輸送ヘリコプター CH−47J(通称 チヌーク)に体験搭乗をしていただくものです。毎年募集人数を上回る応募があり、今回は120名の定員に対し、約210名の方々がご応募されました。当日は天候も良く、自分が住む町を上空から眺める事が出来たようです。

さあ、搭乗開始です!!

いよいよフライトです!!

約20分間という短いフライトでしたが、参加者の皆さんはとてもご満足されていた様子でした

 7月29日(金)「夏休みちびっ子ヤング大会」が三沢基地で開催されました。この行事は、基地周辺市町村在住の子供たち及び保護者等を対象として、航空自衛隊に対する親近感の醸成と三沢基地へのご理解及びご協力の促進を図るために毎年開催しています。今年は、30℃を超える真夏日の中、154名の方々のご参加をいただきました。

参加者の皆さんは普段中々見る機会の少ない航空機を見学して、間近で見る航空機に圧倒されている様子でした。また、パイロットからの分かりやすい説明には、子供たちからの質問が絶えませんでした。

F−2綱引きでは、「よいしょー!よいしょー!」と力一杯綱を引っ張る子供たちの姿に会場ではたくさんの歓声があがりました。

消防車両の展示&特殊耐火衣の試着の様子

消防車をバックに「はいチーズ!!」

基地防空火器(短SAM・VADS−T改)の展示&88式鉄帽・防爆ジャケット試着コーナー

制服試着コーナーの様子

行事の最後は、北部航空音楽隊のミニコンサートが行われ、子供たちに人気のアニメや戦隊ヒーローの主題歌などが演奏されました。演奏に合わせて元気に歌ってくれる子供たちが非常に可愛らしかったです。

4月18日(月)平成28年熊本地震における災害派遣要員の見送りを行いました。

見送りの様子

「基地の代表として頑張ってきます!」と力強い言葉を残し、出発しました。

 

4月7日(木)平成28年度基地モニターへの委嘱状交付が行われました。 

司令部庁舎前で記念撮影(モニターは男性4名、女性6名)

基地司令との懇談

 

平成27年度諸活動はこちら

トップページへ戻る



(C)Copyright 2008 MISAWA AIR BASE / Japan Air Self-Defense Force / All rights reserved.