松島基地 MATSUSHIMA AIR BASE

ホーム >> 航空自衛隊の組織 >> 松島基地ホーム >> 基地司令からの挨拶

基地指令からの挨拶

経歴
昭和60年 9月 北部航空警戒管制団
平成 1年 3月 防衛大学校付

平成 3年 3月 第6高射群
平成 5年 3月 中部航空方面隊司令部
平成 7年 8月 航空中央通信群
平成11年 8月 航空幕僚監部通信電子課
平成14年 3月 第5高射群第19高射隊長
平成15年 8月 航空幕僚監部情報通信課
平成16年 8月 幹部候補生学校付
平成17年 7月 航空幕僚監部情報通信課
平成17年 8月 航空幕僚監部情報通信課計画班長
平成19年 8月 航空幕僚監部服務室長
平成20年12月 第4航空団基地業務群司令
平成23年 8月 航空幕僚監部情報通信課長
平成25年 8月 統合幕僚監部指揮通信システム部長
           (J6)
平成27年 8月 現職




第4航空団司令
兼 松島基地司令
空将補 時藤 和夫

ようこそ航空自衛隊松島基地ホームページへ!

          基地司令ホームページ挨拶

7年振りの松島基地航空祭は、皆様の想いと共に、これまでにない青空に恵まれて無事に終了することが出来ました。ご来場戴きました方々、常日頃からお世話になった方々に心より感謝いたします。

航空祭では、地域復興企画としての観光物産協会のブースや、ダンボルギーニとT-2・T-4ブルーインパルスの機体とのコラボ展示も盛況で、海上保安庁や仙台市、陸上自衛隊及び航空自衛隊関連部隊の協力を得ての展示は、防災機能を理解して戴くには良い機会になったと思います。
地元ラジオ局との連携やSNSの活用は、震災にも役立つ情報発信としての試みでもあり、成果は大きいものでした。
このように、「復興、そして飛躍へ 2017」をスローガンとした松島基地航空祭は、隊員一丸となって取り組んだ地域の復興に想いを込めたイベントでした。

昨年春の基地復興から一年が過ぎた松島基地では、ブルーインパルスの展示も佳境に入り、F-2による教育や松島救難隊の人命救助活動、松島管制隊、松島気象隊等の飛行運用に関する部隊も日々任務遂行に励んでいます。また、震災に強い基地へ生まれ変わった松島基地ではありますが、まだまだ課題はあり、一つ一つ解決に向けて努力を継続しているところです。

田畑も実りある季節になり、この地域の農作物や海苔、牡蠣や海鞘などの海産物とお酒に恵まれ、そして活気あふれる工場や魚市場及び青果市場の活動と共に、地域の人々の会話の中に復興の着実なる進捗を感じます。
松島基地は、引き続きF-2戦闘機乗りの故郷として、ブルーインパルスの母基地として、そして東北における空の防災拠点として、安全に留意し日々の訓練に邁進していきます。これからも地域復興のチームの一員として、「チーム松島」隊員と共に復興のシンボルとして地域に寄り添いながら未来に向かって邁進して参りますので、引き続きよろしくお願いいたします。