松島基地 MATSUSHIMA AIR BASE

基地紹介  基地の沿革

 ◎昭和17年  旧海軍航空基地(一式陸攻、銀河、月光)
 ◎昭和20年  米軍駐留
 ◎昭和29年  保安隊臨時松島派遣隊新設
           航空自衛隊臨時松島派遣隊新設
 ◎昭和30年  日本政府へ返還、松島基地発足 ,第2操縦学校に改編
 ◎昭和33年  第4航空団が新編(F−86F)
 ◎昭和34年  松島管制隊、松島気象隊新設
 ◎昭和35年  中部航空方面隊に編合
 ◎昭和39年  松島救難隊新設
 ◎昭和48年  飛行教育集団隷下(F−86F)
 ◎昭和50年  機種更新(T−2)

 ◎昭和57年  飛行群第21飛行隊に戦技研究班新設(T−2)
 ◎平成 元年  航空教育集団編合
 ◎平成 6年  第402基地防空隊新設
 ◎平成 7年  第11飛行隊新設(T−4ブルーインパルス)
 ◎平成13年  第22飛行隊整理  
 ◎平成15年  第402基地防空隊整理、第4基地防空隊新編  
 ◎平成16年  第21飛行隊改編(Tー2からF−2へ)

 ◎平成23年  3.11東日本大震災
 ◎平成24年  4.19 F−2飛行訓練再開
 ◎平成24年  8.30 T−4飛行訓練再開

 ◎平成25年  3.31 ブルーインパルス松島基地帰還 

  
   基地の総面積

    約3,630,000u(坪数110万坪)

   主滑走路       副滑走路   

    約2,700m       約1,500m

   航空機の種類

    戦闘機 F−2   中等練習機 T−4   救難機 UH−60J   捜索機 U−125A