経ヶ岬分屯基地 KYOGAMISAKI SUB BASE

経ヶ岬分屯基地ホーム >> 基地紹介

基地紹介

経ヶ岬分屯基地の概要

経ヶ岬分屯基地は、京都府の最北端にあたる丹後半島の突端に位置し、山系が海岸線に迫る日本海特有の地形に恵まれ、リアス式の断崖、群青の大海原、白銀の砂浜等風光明媚にして神秘的な清澄たたえた中で、昭和32年以来、幾多の変遷をへて今日のような部隊に至っています。
部隊は、庁舎地区とレーダー地区に分かれ、レーダー地区は庁舎地区から約5.5キロ離れた岳山(標高451m)の頂上に位置しています。
隣接サイトとの密接な連携のもと、日本海正面の空の防人として隊員が昼夜にわたり勤務に励んでいます。
その中の監視業務では、暗い室内の中で、隊員が24時間体制で、レーダースコープの画面に映しだされた航跡を追い続けています。


経ヶ岬分屯基地の沿革

        
昭和 17年  旧海軍監視所設置
23年  6月  米軍レーダー基地開設
32年 12月  東部訓練航空警戒隊
 第9083部隊展開
33年 12月  航空自衛隊へ移管
36年  7月  第35警戒群へ改編
43年 5月  岳山にレーダー及び運用室移設
平成  4年  4月  庁舎地区へ運用室移設
 6年  4月  基地体育館完成
12年

 3月

 第35警戒隊に改編
 場外離着陸場開設
       

入間基地における第9083部隊編成式の様子
(昭和32年12月10日)