IRUMA AIR BASE 航空自衛隊 入間基地 TOP
ABOUT IRUMA SPECIAL FEATURE ACCESS CONTACT LINKS

バカ犬はいない

歩哨犬はいくら資質のあるドイツ・シェパードといえども、犬は犬である。そして、歩哨犬はロボットではなく生き物なので、一頭一頭特徴がある。そうした犬をペットとして飼うのではなく、歩哨犬という目的にあった犬にしていかなければならない。

訓練は、犬との師弟関係をつくるところから始まる。

「何をやっても、よし、よしと褒めて単に甘やかしているだけというのが最初の頃でした。でもそれは、訓練ではないのです」

犬に“この人の言うことはきかなければならない”というように覚え込ませることが「師弟関係」なのだ。褒めるときは褒め、叱るときは叱る、という一見単純なことを、生き物であり、言葉の通じない犬との関係に持ち込むのは、生半可なことではない。叱ることは、いろいろな方法があるが、褒めるのはどうするのか。



「小さいときも、今もマンション住まいなので、ペットとして犬を飼ったことはありません」


「航空祭では航空機の展示や飛行を行いますが、訓練展示として私たちも日ごろの訓練の様子を見せます。妻と子供にも、どのような仕事かを見せられました」

「犬はボール遊びが大好きなので、ボールを与えることが褒めることなんです。食べ物は与えません。褒めるたびに食べ物がもらえるというような訓練では、食べ物がなければいうことをきかなくなりますし、健康管理ができません」

ボール遊びにあまり興味のない犬もいるが、その場合は別のことを考える。

そうした師弟関係をつくってから、命令されるまでじっと立ち止まる「立止(りっし)」、命令されて伏せてじっと待つ「伏臥(ふくが)」、取扱者と並んで歩く「脚側行進(きゃくそくこうしん)」、目標物を取って来る「待来(じらい)」、障害物を飛び越える「障害物飛越(しょうがいぶつひえつ)」、不審者を見つけて威嚇する「禁足咆哮(きんそくほうこう)」、命令によって不審者襲撃を行う「襲撃」などの訓練を行う。

また、試行段階ではあるが応用訓練として、爆発物の捜査を行う「爆発物検索」、不審者の臭いをたどって追及する「不審者追求」、災害救助犬のように災害時の被災者捜索を行う「捜索」なども行っている。これらの訓練は試行段階なので、警察犬や災害救助犬と同等レベルの訓練は行っていない。

実際の現場で役立つように、こうした多種にわたる訓練を歩哨犬にしなければならない。いくら資質の優れたドイツ・シェパードであるといっても、訓練がうまくいかないこともある。しかし、竹山3曹は、それは訓練者が悪いからだといいきる。

「よく、このバカ犬、って言う飼い主がいますよね。それは、犬ではなく飼い主がだめだということなんです。犬に“この人の言うことをきかなければいけない”と思わせられない飼い主がいけないのです」

もちろん、なかなかいうことをきいてくれない犬もいる。しかし、決してあきらめず、その犬の個性にあった訓練方法を考えていくのが、歩哨犬訓練者としての任務であると竹山3曹は自覚している。

1  |  2  |  3

「バカ犬なんていません。犬がいうことをきかないのは人間が悪いんです」。犬舎で犬が一斉に吼えはじめた場合、竹山3曹が「やめ!」と一声かけると静まる。それでも吼える犬がいると、その犬の名前を呼んで大声で叱る。お互いの顔は見えていない。それでも犬はいうことをきく。声だけで犬の名前までわかる、それぐらい真剣に犬と接していれば、簡単に「バカ犬」などとは言えなくなる
 

命令があるまで伏せて待つ
脚側行進

左)取扱者の横にきちんと並んで歩く
右)歩くだけではなく駆け足でも真横から離れない

オールマイティーに任務をこなすタタラ号
 
  待来

1.取って来る物を見せる

2.号令がかかるまで、きちんと待つ

3.投げられたものを取ってきて、取扱者に渡す
 
  障害物飛越

障害物を跳び越すだけではなく、傍に取扱者がいなくても、単独で障害物を昇り降りすることも、歩哨犬には要求される
禁足咆哮

不審者に対して威嚇するように吼えるが、命令があるまでは決して襲撃をしない。歩哨犬は吼えるときが決められていて、好き勝手に吼えないように訓練で抑制できるようにする
襲撃

命令により猛然と襲撃する。大の大人でも引き倒される力がある
応用訓練(試行段階)
爆発物検索

1.車にしかけられた爆発物を探すという想定で、号令後、爆発物検索に入る

2.車の周辺だけではなく、運転席、屋根など、死角はない。左上)ダミーの爆弾。火薬の臭いをしみこませてあるが、人間が嗅いでもわからない

爆発物検索をしたユガ号
 
  捜索

1.災害を想定し、トンネルの中、木の上などに被災者がいるという想定のもと、隊員が被災者になり隠れ、それを見つけるという訓練を行う

2.塞がっているところでも、鼻や前足などを器用に使ってできるだけ進んでいこうとする

3.被災者を見つけると、その近くで吼えるように訓練されている
page top
Copyright 2004 IRUMA AIR BASE / Japan Air Self-Defence Force / All right reserved