●防府南基地は、産業都市である人口約12万人の防府市南西部に位置しており、基地近傍には、各種産業工場などのほか、防府天満宮や旧毛利庭園などの観光名勝をはじめ、海や山もあり、文化と自然にも恵まれた環境にあります。また、防府北基地も近隣にあり、飛行訓練等を行っています。

 ●航空教育隊は、新たに採用された隊員等に対して,必要な教育や研究を行う部隊であり、防府南基地のほか、埼玉県熊谷市にある熊谷基地においても同様の教育等を行っています。















   
 

@献身碑
防府南基地の献身碑は昭和34年、作業中の事故によりに
2名の隊員が殉職したことを受け、昭和38年に建立されました。防府南基地では基地発足以来6名の隊員が殉職されており、毎年慰霊行事を執り行っています。
A甲飛防通記念碑
防府南基地は昭和18年から終戦までの間、旧海軍防府通信学校として、当時の海軍飛行予科練習生の教育が行われていました。
この記念碑は、当時基地に所属していた甲種飛行予科練習生(甲飛防通会)の皆様から寄贈されたもので、防府南基地の「巣立ちの森」に設置されています。