『ひそねとまそたん』

   現在放送中のTVアニメ『ひそねとまそたん』には、「航空自衛隊岐阜基地」、「飛行開発実験団」が登場します。
   制作スタッフによる放送前の細部にわたる取材もあり、各シーンでは、かなり忠実に岐阜基地の風景が描写されています。

         ☆ 『ひそねとまそたん』公式サイトは、こちら >
         ☆ 『ひそねとまそたん』公式 Twitter は、こちら >
         ☆ 『ひそねとまそたん』公式 Instagram は、こちら >

   ここでは、作中に登場したシーンについて、実際の画像とともにいくつか紹介します。一般の方が基地に入ることは普段なかなかできませんが、これらのいくつかは今年秋に開催予定の航空祭で一般公開されますので、是非お越しいただき見学していただければと思います。

北地区案内図
物語の前半によく出てきた北地区の案内図です。残念ながら「8格」はありませんが・・・

飛行開発実験団メイン通り①
飛行開発実験団のメイン通り。残念ながら、「謎のジョアおばあさん」はいません。

飛行開発実験団メイン通り②
同じく、飛行開発実験団のメイン通り

飛行開発実験団司令部
飛実団司令部庁舎前

「第8格納庫」①
いわゆる「第8格納庫」です。実際は、第2補給処の倉庫となっています。なかなか趣がありますね。
「第8格納庫」②
「第8格納庫」は、大正時代に建てられました。今では、貴重な建造物です。

エプロン地区①
エプロン地区

エプロン地区②
同じく、エプロン地区。普段、航空機は写真のように駐機されています。

飛行隊玄関
飛行隊

飛行隊ブリーフィングルーム
飛行隊ブリーフィングルーム
ここで、毎朝天候及びフライトスケジュール等のブリーフィングが行われ、飛行隊の1日が始まります。

救命装備室①
救命装備室①
パイロットはフライト前に必要な装具をここで装着し航空機に向かいます。

救命装備室②
救命装備室②

「マンボウ」①
Dパイのみなさんがよく休憩している待機室「マンボウ」。実在します。

「マンボウ」②
同じく、待機室の「マンボウ」

はなの舞①
「はなの舞」。Dパイが、よく女子会をしている基地クラブです。
申し訳ありませんが、基地の中なので、一般の方は普段使用することはできません。

はなの舞②
同じく、「はなの舞」

BX前
Base Exchangeで、略して「BX」
簡単に言うと売店です。BXの表現は米軍駐留時の名残であると考えられます。コンビニもあります。

岐阜基地北門
岐阜基地北門
ひそねが機付長の小此木士長と初めてデートする時の待ち合わせ場所として出てきました。



「TOPICS目次」へ >