ホーム > 主要装備 > YS-11

主要装備 YS-11

YS-11

日本の航空技術陣の手で生まれた戦後初の国産中型輸送機です

YS-11は、T-1ジェット練習機とともに、日本の航空技術陣の手で生まれた戦後初の国産中型輸送機です。第三次防衛計画末までにP型(人員輸送)4機、PC型(貨物・人員混載)1機、FC型(飛行点検機)1機、C型(貨物専用)7機の計13機を取得しました。なお、C型は物資の空中投下はできますが空挺降下はできません、また、航空自衛隊では、この13機で装備を打ち切っています。

主要諸元

主要スペック
分類 中型輸送機
乗員 5人
全幅 32.00m
全長 26.30m
全高 8.98m
胴体幅 2.88m(最大)
主翼面積 94.8㎡
エンジン
搭載数 2基
名称 ダートMk542-10
出力 離昇馬力 3,060EHP/1基
15,000rpm
型式 ターボプロップ・エンジン
性 能
最大離陸重量 25,000kg(C型)
ペイロード 約5t(C型)
最大速度 245kt
航続距離 1,260nm(約2,300km)

| 防衛省 | 統合幕僚監部 | 陸上自衛隊 | 海上自衛隊