主要装備  

ホーム > 主要装備 > B-747

主要装備 B-747 政府専用機

B-747

内閣総理大臣などの要人輸送を行う大型輸送機です

政府専用機B-747-400は、昭和62年に導入が決定され、「政府専用機検討委員会」において機種などの検討が行われ、購入が決定された大型輸送機です。主に内閣総理大臣などの要人輸送の際に運用されるほか、必要に応じて緊急時の在外邦人などの輸送に使用されます。平成16年度予算では通信航法装置改善として2機分の予算が付けられました。

主要諸元

主要スペック
分類 特別輸送機
乗員 20~25人
全幅 64.9m(213.0ft)
全長 70.7m(231.8ft)
全高 19.06m(62.5ft)
自重 178,352kg(393,000lbs)
エンジン
搭載数 4基
名称 CF6-80C2
出力 105,272kg/(231,600lbs=離陸時)
型式 ターボファン・エンジン
輸送能力 乗客数・約140人
性 能
最大離陸重量 362,873kg(800,000lbs)
巡航速度 マッハ0.85
航続距離 約7,000nm(約13,000km)

ギャラリー※引用・転載される際は出典を明記してください