主要装備  

ホーム > 主要装備 > F-4EJ(改)

主要装備 F-4EJ(改)

F-4EJ(改)

防空能力の向上・近代化を担って進化した戦闘機です

F-4EJは、米空軍のF-4Eを改造した戦闘機で、日本での運用には不必要な装備を取り除き、データ・リンクを載せて要撃戦闘機タイプにしたものです。昭和56年度に生産は完了、その後、航空自衛隊の防空能力の向上・近代化の一環として、F-4EJの改修に着手しました。(F-4EJ(改))。そして、56年度から6年間、試改修・実用試験を行い、量産改修されました。 改修の主な内容は、レーダー、FCS(火器管制)システムの近代化、航法、通信能力の向上、搭載ミサイルの近代化、爆撃機能の向上などです。

主要諸元

主要スペック
分類 戦闘機
乗員 2人(縦列複座=タンデム型)
全幅 11.7m
全長 19.2m
全高 5.0m
エンジン
搭載数 2基
名称 J79-GE-17
J79-IHI-17
推力 8,120kg(A/B使用)/1基
型式 アフターバーナー付ターボジェット・エンジン
性 能
離陸重量 約26t
最大速度 マッハ約2.2
航続距離 約1,600nm(約2,900km)
武装 M-61A1 20mm機関砲×1門
空対空レーダーミサイル×4発
空対空赤外線ミサイル×4発

ギャラリー※引用・転載される際は出典を明記してください