ホーム > 主要装備 > T-4

主要装備 T-4

T-4

基本操縦課程の全てを担う、信頼性・整備性の高い純国産の練習機です

中等練習機T-4は昭和56年から開発に着手され、60~62年度の間に技術・実用試験を実施しました。量産初号機が63年9月に教育航空部隊1空団に配備され、続く2号機の配備で同年10月、臨時T-4教育飛行隊を編成、教官養成を始めました。脱出装置の一つであるキャノピー破砕方式や機上酸素発生装置を備え、さらに炭素系複合材などの新技術を採用しており、信頼性、整備性に優れた純国産の航空機です。平成元年に31教育飛行隊が、2年には32飛行隊が編成されたことで、基本操縦課程はT-4が全てを担うことになりました。

主要諸元

主要スペック
分類 中等練習機
乗員 2人
全幅 約9.9m
全長 約13.0m
全高 約4.6m
自重 約3.7t
エンジン
搭載数 2基
名称 F3-IHI-30
推力 約1,670kg/1基
型式 ターボファン・エンジン
性 能
全備重量 5,640kg
最大速度 マッハ約0.9(約1,040km/h)
実用上限限度 約15,000m
最大航続距離 700nm(1,300km)

| 防衛省 | 統合幕僚監部 | 陸上自衛隊 | 海上自衛隊