航空自衛隊Japan Air Self Defense Force 航空支援集団Air Support Command
★このサイトの利用にあたって
        航空支援集団准曹士先任のトピックス
 28年度自衛艦隊先任伍長会報

 平成28年7月5日(火)、海上自衛隊船越基地において開催された『自衛艦隊先任伍長会報』を聴講してきました。会報では、災害派遣時おける隊員教育や先任伍長制度の説明などが行われました。災害派遣前後の隊員心理とその対処、支援者としての心構えなど取り入れるべき要素がたくさんあると感じました。
 時代のすう勢により様変わりしていく隊員にどのような教育・対応が必要なのか改めて考えさせられる会報でした。

 富士学校・富士駐屯地開設62周年記念行事

 平成28年7月3日(日)、静岡県の富士駐屯地において開催された富士学校・富士駐屯地開設62周年記念行事に参列しました。駐屯地では、式典参列のほかに富士学校兼富士駐屯地、富士教導団及び開発実験団各最先任上級曹長を表敬訪問し、懇談しました。懇談では、各部隊の特性や任務、服務状況について情報交換をすることができ非常に良い機会であり、他自衛隊との良い交流の場となりました。

 航空支援集団司令官部隊視察随行(春日基地)

 平成28年6月13~14日、春日基地(福岡県)に所在する隷下部隊(春日管制隊、春日気象隊)に対する航空支援集団司令官の部隊視察に随行しました。各隊の准曹士先任と懇談をし、准曹士隊員が准曹士先任を核心として確実に任務遂行を行っていると感じました。
 また、14日には陸上自衛隊の健軍駐屯地、北熊本駐屯地を訪問した際、西部方面隊、第8師団の両最先任上級曹長とお話する機会を得て陸上自衛隊の准曹士隊員の話を聞くことができ、大変参考になりました。

 大宮駐屯地創立59周年記念行事

 平成28年6月5日(日)、陸上自衛隊の大宮駐屯地で開催された開庁記念行事に参列しました。大宮駐屯地で勤務する隊員から、地下鉄サリン事件や東日本大震災で実働した話を直接聞くことができました。今後、支援集団准曹士隊員にも「現場で勤務することの大切さ」や「やりがい」をどんどん伝えていかなければならないと感じました。
 また、同じく参加された陸上自衛隊最先任上級曹長、海上自衛隊先任伍長、准曹士先任の方々に支援集団の部隊や任務などを紹介することができ、とても良い広報の場でもありました。これからも様々な機会を利用して、積極的に他自衛隊との交流を深めていきたいと思います。

 第24回連合准曹会評議委員会

 平成28年5月19日、ホテル「グランドヒル市ヶ谷」で行われた第24回連合准曹会評議委員会に参加しました。支部発表では、各支部の准曹会活動において地域の人々とより良い関係を築くことができており、准曹士が社会貢献の場として活躍していること、他自衛隊や米軍との交流を通じて人格の育成、知識や経験を獲得する良い機会となっていることを実感することができました。
 また、2曹・3曹で構成している会(仮称:2・3曹会)についても連合准曹会に負けないほどの活動をしており、隊員育成の場として良い気風を醸成していることを確認することができました。

 編合部隊等准曹士先任会同

 平成28年5月18日、市ヶ谷基地で行われた編合部隊等准曹士先任会同に参加しました。本会同には強面の准曹士先任が集い、航空幕僚長の准曹士隊員に対する意図の確認及び意思統一を図るとともに、各部隊等の現状を共有し、問題点の解決策の検討を行ったほか、指揮官と准曹士先任のあるべき姿について意見交換を行いました。
 また、内務班(基地内に居住する隊員の宿舎)の運営基準等、内務班における「生活」「憩い」「修練」等の意義についても検討を行うなど、今後の准曹士隊員の人的戦力強化施策について非常に良い議論を行うことができました。

 海上自衛隊試験艦「あすか」航海訓練研修

 この研修は、航空支援集団司令部と航空開発実験集団司令部合同で、平成28年4月1日から4日間、海上自衛隊試験艦「あすか」の乗艦研修を行いました。「あすか」の概要説明などを受けた後、艦内、作業現場及び居住区等を実地に研修し、乗組員との意見交換会も行いました。
 「あすか」では、乗組員が少なく、食事担当が甲板作業を実施したり、衛生員が施設作業を行うなど全乗組員が協力して運用していることや長期にわたって衣食住をともにするため、隊員関係が非常に密接で連携がスムーズであることなどとても勉強になり、非常に良有意義な研修でした。

 航空支援集団司令部「ソフトボール大会」

 平成28年3月25日、航空支援集団司令部に所属する隊員によるソフトボール大会を行いました。この大会は、司令部上級空曹が企画、運営し司令部の団結の強化、コミュニケーション能力の向上を目的として行いました。試合は、各部長等(幹部)チーム VS 准曹士先任(准曹士)チームでプレイボールし、最終回の表までは准曹士先任チームがリードしていましたが、その裏で部長等チームが逆転勝利をおさめるという非常にドラマティックな試合運びとなりました。
 また、大会終了後には慰労会も行い、さらなる団結の強化、コミュニケーション能力の向上が図れたことは言うまでもありません。

 航空支援集団直轄部隊准曹士先任会同

 平成28年3月23日、府中基地の航空支援集団司令部において直轄部隊准曹士先任会同を行いました。司令官、副司令官との懇談、准曹士先任制度や各部隊の現状等の意見交換を行うことにより、指揮官の意図等の確認、隷下部隊で生起している問題等に対するより良い方策を検討することができました。今後も隊員指導、育成等において更なる検討の必要性を感じました。

 在日米軍及び第5空軍最先任上級曹長交代式

 平成28年3月10日、東京都福生市にある横田基地(米空軍)の第5空軍司令部において、ジェームズ A.ローレント最上級曹長の退官にともない、在日米軍兼第5空軍最先任上級曹長交代式とローレント最上級曹長の退官式が行われました。新しい最先任上級曹長にはテレンス A.グリーン最上級曹長が着任されました。式には、航空自衛隊准曹士先任、准曹連合会会長をはじめ多くの航空自衛隊員も参加し、厳かに執り行われました。

 航空支援集団司令官初度視察随行(百里基地)

 平成28年3月14日、百里基地に所在する隷下部隊(百里管制隊、移動管制隊、百里気象隊)に対する航空支援集団司令官の部隊視察に随行しました。各隊では、准曹士隊員が元気に自らの任務に取り組んでいる姿を見せてもらいました。また、服装容儀が特に良い基地だと感じました。その後、百里気象隊の新気象レーダー装置運用開始式に参加しました。新気象レーダー装置が飛行安全に大きく貢献するものであることを理解できました。

 航空支援集団司令官初度視察随行(美保基地)

 平成28年3月1日から2日にかけて、美保基地所在の隷下部隊(第3輸送航空隊、美保管制隊、美保気象隊)に対する航空支援集団司令官の部隊視察に随行しました。新しい建物が次々と建設され勤務環境が変わる中でも、変化に対応しつつ、自分たちの任務を確実に実施している准曹士隊員の姿が印象に残りました。

 航空支援集団平成27年度後期2等空曹集合訓練(美保基地)

 平成28年2月29日、航空支援集団が実施する平成27年度後期2等空曹集合訓練に行ってきました。前回の訓練参加者に負けず劣らず、強い気迫が感じられる隊員たちでした。この訓練で得たことを各部隊に持ち帰り、部隊の任務遂行、後輩育成等にがんばってくれることを期待します。

 航空支援集団司令官初度視察随行(三沢基地)

 平成28年2月23日から24日にかけて、三沢基地に所在する隷下部隊(三沢管制隊、三沢気象隊)に対する航空支援集団司令官の部隊視察に随行しました。米空軍及び民間航空と共通の滑走路を使用するという他基地にはない複雑な勤務状況の中で、創意工夫し、的確に任務遂行していることが良くわかりました。

 航空自衛隊准曹士先任集合訓練

 平成28年2月8日から10日にかけて、横田基地、入間基地及び市ヶ谷基地において航空自衛隊准曹士先任集合訓練に参加しました。訓練は、航空幕僚長の訓示に始まり、航空幕僚監部服務室による教育(服務規律の維持等)、米空軍新任最上級曹長とのパネルディスカッション(上級曹長の心構え、後輩指導の苦労)等、盛りだくさんの内容でした。
 今後の先任業務において参考になる様々な話を聞くことができ、また多くの准曹士先任と真剣に意見を交換する機会も得られ、たいへん有意義な訓練となりました。

 米空軍曹長認証式(横田基地)

 平成28年2月5日、米空軍横田基地において、米空軍最上級曹長認証式に参加しました。今回は、航空支援集団各部隊の認証者はいませんでしたが、関東地区に所在する航空自衛隊各部隊から7人の隊員が認証の栄誉を授けられました。
*最上級曹長認証式
 チーフマスターサージャント(最上級曹長)は、米空軍下士官の9ランク中の最上位で、上級曹長の上位でノンコミッションドオフィサー(准士官)です。チーフマスターサージャント(最上級曹長)に昇任することは、米空軍下士官の経歴において、最上位に達することとなり、基地をあげて祝福をするものです。

               
 航空自衛隊編合准曹士先任会議

 平成28年1月21日から22日にかけて、市ヶ谷基地において、編合准曹士先任会議に出席しました。各准曹士先任と貴重な意見交換ができました。今年もこれまで以上に協力し合い、航空自衛隊の任務遂行のために、また、日本各地で様々な任務に就いている准曹士隊員のためにがんばって行こうと思います。
 平成28年賀詞交歓会

 平成28年1月13日、府中市内で行われた府中基地賀詞交歓会に参加しました。 招待された一般の方々や米空軍の先任等と親交を深めるとともに、貴重な意見交換をすることができました。

 航空支援集団司令官初度視察随行(小牧基地)

 平成28年1月12日から13日にかけて、小牧基地に所在する隷下部隊(第1輸送航空隊、航空機動衛生隊、小牧管制隊、小牧気象隊)に対する航空支援集団司令官初度視察に随行しました。国外運航等の輸送業務、緊急患者の搬送、その運航に関わる管制、気象支援の様子を目の当たりにし、また、多くの准曹士隊員が自らの職務にプロ意識を持って臨んでいる姿に感動し、頼もしく思いました。


 航空支援集団司令官初度視察随行(横田基地)

 平成27年12月21日、横田基地において、航空気象群横田気象隊に対する航空支援集団司令官初度視察に随行しました。航空総隊司令部等への気象支援、米空軍気象部隊との連携という崇高な任務を、隊員一丸となって遂行していることを実感しました。

 空中輸送員(特別輸送)課程総合実習(特別航空輸送隊)

 平成27年12月16日から18日の間、特別航空輸送隊第16期空中輸送(特別輸送)員課程支援の総合実習に模擬乗客として参加しました。皇室、政府の要人等の接遇に当たる隊員の訓練です。皆、整斉と自信を持って訓練に臨んでいる姿を見て、とても頼もしく思いました。また、特別輸送機に搭乗する貴重な機会を与えられ、得るものが多々ありました。

 航空支援集団司令官初度視察随行(市ヶ谷基地)

 平成27年12月15日、市ヶ谷基地所在の航空気象群東京気象隊に対する航空支援集団司令官の初度視察に随行しました。准曹士先任を中心に、曹士隊員が一生懸命に職務を行っている姿を目にして、頼もしく思いました。

 航空支援集団司令官初度視察随行(入間基地)

 平成27年12月8日、入間基地に所在する隷下部隊(第2輸送航空隊、飛行点検隊、入間管制隊、飛行管理隊、入間気象隊)に対する航空支援集団司令官の初度視察に随行しました。飛行、管制、気象と様々な任務を行う部隊がありますが、各部隊とも、准曹士先任を中心に、航空支援集団の任務遂行のために、隊員たちが誇りを持って勤務していることを実感しました。

 陸上自衛隊最先任上級曹長課程講話聴講

 平成27年11月12日、目黒基地で実施された陸上自衛隊最先任上級曹長課程に参加し、統合幕僚監部最先任及び海上自衛隊先任伍長の講話を聴講しました。航空支援集団准曹士先任として勤務する上で、とても参考になりました。

 航空支援集団司令部空曹部隊研修(美保基地)

 平成27年10月21、22日、航空支援集団司令部で勤務する空曹7名と美保基地へ部隊研修に行ってきました。
 航空支援集団司令部の准曹士隊員は、平素、上級司令部、部隊等との連絡調整業務等で多忙です。しかし、そのような中でも識能向上、柔和団結、個人の充実などを目的に、司令部の隊員同士や、航空総隊、米軍等との交流、また部隊研修などを企画し、充実した毎日を送っています。

 空中輸送(特別輸送)幹部等課程における接遇訓練(羽田JAL第1テクニカルセンター)

 平成27年10月23日、羽田JAL第1テクニカルセンターで行われた空中輸送(特別輸送)幹部等課程の接遇訓練等において、乗客を模擬する要員として参加しました。今後、政府専用機でさまざまな要人空輸任務で活躍する隊員たちの訓練であり、みんな一生懸命訓練に臨んでいました。訓練修了後は、立派な搭乗員として部隊で活躍してくれると確信しています。

 平成27年度自衛隊観艦式

 平成27年10月18日、海上自衛隊開発隊先任伍長稲葉曹長に招待され、自衛隊観艦式に行ってきました。試験艦「あすか」に乗艦させていただき、洋上から迫力ある艦艇の航行を見ることができました。貴重な体験をさせていただきました。


 航空自衛隊准曹士先任集合訓練

 平成27年10月13、14日、航空幕僚監部で実施された、准曹士先任会同に参加しました。航空幕僚長の訓示をはじめ、各種教育等ととても充実した内容でした。また、訓練に参加された各准曹士先任と意見交換を行い、参考になる貴重な意見を沢山聞くことができ、とても有意義な会同でした。

 陸上自衛隊土浦駐屯地開設63周年記念式典

 平成27年10月10日、陸上自衛武器学校最先任上級曹長板橋准尉に招待され、陸上自衛隊土浦駐屯地開設63周年記念式典に参加してきました。


 海上自衛隊下総航空基地開設56周年記念式典

 平成27年9月26日、海上自衛隊下総教育航空群先任伍長大澤曹長に招待され、海上自衛隊下総航空基地開設56周年記念式典に参加してきました。

 平成27年度前期2等空曹集合訓練

 平成27年9月9日から15日までの間、航空支援集団司令部において、2曹集合訓練を実施しました。訓練には、航空支援集団隷下部隊から61名の隊員が参加し、航空支援集団司令官の訓示、各種教育、討論と充実した訓練となりました。この教育で得たことを、部隊に帰って十分に発揮し、職務、後輩育成と色々な場面で活躍できる中堅空曹となることを期待しています。みんながんばれ!!

 航空支援集団直轄部隊准曹士先任会同

 平成27年8月26日から28日の間、航空支援集団直轄部隊准曹士先任会同を行いました。初日は航空支援集団司令部において、航空支援集団司令官の訓示を頂き、メンタルヘルス教育等を行いました。2、3日目は、海上自衛隊船越基地、横須賀基地に行き、海上自衛隊先任伍長講習の聴講、護衛艦研修等をさせて頂きました。航空支援集団司令部に帰ってから意見交換を行い、全日程を終了しました。
 貴重な経験を得るとともに、色々な意見を聞くこともでき、とても充実した会同になったと思っています。

 英語能力向上訓練(横田基地)

 平成27年6月4日から8月28日の間、航空支援集団司令部の准曹士隊員の英語能力向上を図るために、総務部の西2曹を教官として、英語能力向上訓練を実施しました。訓練の成果を確認するために、8月18日に横田基地の米空軍に研修に行き、下士官教育の聴講、施設見学、昼食会を実施しました。参加した隊員から、「英語に対する苦手意識が少しなくなった。」、「何となくだが会話ができた。」などの感想があり、訓練の成果があったようです。

 ベーシックマナー教育(第1術科学校:浜松基地)

 平成27年8月5日、6日、浜松基地の第1術科学校で行われたベーシックマナー教育に航空支援集団司令部から8名が参加し聴講してきました。セクシャルハラスメントについての教育でしたが、大変苦労して作られた教育と感じました。一緒に聴講した隊員も、大変分かり易く、ためになったと言っていました。

 航空支援集団武道大会

 平成27年7月14、15日、小牧基地で行われた航空支援集団武道大会に行ってきました。剣道と銃剣道のそれぞれ団体戦と個人戦が行われましたが、どの選手も部隊の代表として精一杯戦う姿を見ることができとても感動しました。このような素晴らしい隊員が沢山航空支援集団の隷下部隊にいることが、航空支援集団准曹士先任として誇らしく思いました。大会には参加していませんが、各部隊で出場選手を陰ながら支えてくれた、多くの仲間にも感謝します。

 富士登山

 平成27年7月11日、米空軍最先任をはじめとする日米合わせて80名で富士登山を行いました。早朝5時に富士山5合目に到着し、お昼前に全員無事に登頂。梅雨の中休みのとても良い天気で、頂上からの景色も素晴らしかったです。


 日米空軍等最先任下士官意見交換会参加

 平成27年7月9日、市ヶ谷基地で行われた日米空軍等最先任下士官意見交換会に参加しました。日米合わせて9名の参加があり、様々な意見交換を行いました。日米共同の重要性と今後のさらなる交流の深化について確認ができました。


 陸上自衛隊富士学校61周年記念式典参加

 平成27年7月5、6日、陸上自衛隊富士学校の最先任上級曹長嵐田祐敦陸准尉に招待され、富士学校61周年記念式典に参加してきました。沢山の参加者があり、盛大な式典でした。また、様々な先任とも意見交換ができ、とても有意義でした。


 陸上自衛隊座間駐屯地・海上自衛隊船越基地 先任訪問

  平成27年6月29日に陸上自衛隊座間駐屯地の中央即応集団(CRF)最先任上級曹長早津丈平陸准尉に、平成27年7月2、3日に海上自衛隊船越基地の開発隊群先任伍長稲葉英智海曹長にご挨拶をしてきました。概要説明や施設案内をしてもらい、有意義な研修となりました。
 陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊では文化・歴史の違いはありますが、同じ先任として勤務する者同士、今後も業務だけでなく、色々な場面で意見交換、情報交換をしながらより良い部隊作りをして行きたいと思いました。

このページの先頭へ
copyright©2006 Air Support Command all rights reserved ご意見・ご感想をお寄せ下さい。 asc-adm007@inet.asdf.mod.go.jp