本文へスキップ

航空自衛隊 秋田分屯基地

ABOUT AKITA基地紹介

秋田分屯基地の概要

秋田分屯基地の概要

 秋田分屯基地は、東北日本海側の航空救難態勢の充実を図るため、「親基地」である航空自衛隊三沢基地から分かれて置かれる「子基地」の分屯基地として昭和62年に開設されました。
 部隊は秋田救難隊及び三沢気象隊秋田気象班が配置され、主な装備品として捜索機U−125A、救助機UH−60Jの2種類の航空機が配備されています。


基地の歴史(写真をクリックすると拡大します)

S59.10.11 「航空自衛隊航空救難団秋田救難隊設置運用に関する協定」を締結
S60. 8. 1 秋田準備室開設
S61. 1.23 秋田現地班開設(陸上自衛隊秋田駐屯地)

S62. 1.29 秋田分屯基地開設及び秋田派遣隊編制
S62. 3.11 救助機V−107A、捜索機MU−2A、各2機配備
V-107A MU-2A V-107AとMU-2Aの編隊飛行

S62. 3.25 秋田救難隊及び三沢気象隊秋田気象班を新たに編成
H 5. 5.18 合棟式体育館新設
H 6. 3. 1 秋田救難隊後援会設立
体育館落成式 表札掲示 後援会設立

H 8. 1.30 隊員宿舎新設
隊員宿舎落成式 教育訓練点検 安全祈願祭

H12.12.21 駐機場増設
H13. 3.27 捜索機U−125A配備
H14. 2.21 MU-2A ラストフライト
U-125A 配備記念式典 航空救難団武道大会 MU-2A ラストフライト

H16. 3.22 救助機UH−60J更新配備
UH−60J 更新配備 UH−60J 整備作業 UH-60J 配備記念式典

H17.11. 1 救助機1機増(捜索機×2機、救助機×3機)
H18. 3.31 指揮所、格納庫及び駐機場等施設増改築
H18. 6.11 大仙市神岡降下訓練場運用開始
格納庫増築 増築前の飛行指揮所 飛行指揮所増築中
神岡降下訓練場公開訓練 救難員2名による連続降下 降下訓練場横に着陸

H19. 1. 9 防衛庁から防衛省へ昇格
H19. 9.10 V-107A ラストフライト
H19. 9.11 基地慰霊碑(雄魂の碑)建立
慰霊碑除幕式 格納庫文字入れ V-107A ラストフライト

H25. 3.26 航空救難団が航空支援集団の指揮下から航空総隊の指揮下へ変更


航空自衛隊 秋田分屯基地
JASDF AKITA SUB AIR BASE
航空自衛隊 秋田分屯基地

〒010-1211
秋田県秋田市雄和椿川字山籠23-26
MAP
TEL 018-886-3320 内線(220)
FAX 018-886-3320 内線(270)