AWDLP310-007    航空総隊司令部制作
HOME TOPICS INFORMATION LINKS MAIL
日米豪共同訓練(VOl.1)
 航空総隊は、2月に日米豪共同訓練「コープ・ノース・グアム 17」をグアムにおいて実施しています。
 本訓練は、日米豪共同対処能力及び部隊の戦術技量を向上させることを目的に、米空軍及び豪空軍との共同訓練を実施しております。航空総隊からは、F−2【第8航空団】、F−15【第9航空団】、U−125【航空救難団】及びE−2C【警戒航空隊】部隊が参加しました。
  以下、訓練の模様を紹介します。
米軍機(B−1、F−18、F−16及びF−15)と自衛隊機(F−15及びF−2)との編隊飛行
各航空機の展開(F−15、F−2、E−2C及びU−125)
各種活動 
 アンダーセン空軍基地を離陸するF−15  訓練空域を飛行するF−2
 米軍人との調整をする隊員  米軍との訓練前の打ち合わせ
 訓練隊本部班への通信器材の設置  米軍側からの導入教育

Vol.2 【3月2日掲載】

 
 上向き矢印  このページのトップ
Copyright(C) 2010 JASDF. All Right Reserved.