AWDLP310-007    航空総隊司令部制作
HOME TOPICS INFORMATION LINKS MAIL
   
 第47代航空総隊司令官
 空 将
武藤 茂樹
( む と う  し げ き )
防衛大学校28期 
群馬県出身 
  
 新 年 の 挨 拶
   明けましておめでとうございます。平成31年の初春を迎えるにあたり、本ホームページをご覧の皆様に御挨拶申し上げます。

 横田基地では、本年3月に航空総隊司令部等の移転から丸7年を迎えます。これまでこの地で所属隊員が育んできた日米の絆をより一層強固なものにしていく決意を新たに、本年もエアパワーの本領である軽快機敏な組織力を発揮して着実に任務を遂行して参ります。また、エアマンとしての意識を持ち個々の能力を鍛錬し、頼りになる逞しい部隊を育て上げて参ります。

 我が国を取り巻く安全保障環境を振り返りますと、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射等は、昨年6月の米朝首脳会談以降、表立った活動は見られないものの、核及びミサイルの脅威についての基本的な変化はありません。また、中国は尖閣諸島周辺を含め活動範囲の拡大し、ロシアは北方領土の択捉島に戦闘機を展開するなどの活動を活発化している状況があります。

 国内に目を転じますと、災害大国である我が国は、ほぼ毎年のように大きな災害に見舞われており、昨年は7月に岡山や広島、愛媛を中心に「西日本豪雨」、9月には「北海道胆振東部地震」がそれぞれ甚大な被害をもたらしました。これら災害に際し航空総隊の多くの隊員が救助活動等の災害派遣活動に従事しました。
 このような国内外からの降りかかる脅威に対し、国民の皆様からの負託に応えるべく我々は強い使命感のもと、これまで以上に毅然かつ整斉とした姿勢で国民の皆様の生命、財産はもとより、我が国の領土、領海及び領空を守り抜く所存です。
 本年3月には正式にF−35A飛行隊を編成する予定であり、航空総隊が次の時代へ大きな一歩を踏み出す年となります。

 航空自衛隊は勇猛果敢な組織と言われていますが、本年の干支である「いのしし」に負けず猪突猛進の勢いで空の守りに邁進する所存です。皆様におかれましては、本年も変わらぬ御支援と御協力を賜りますようお願いいたします。

 最後に、今年一年が皆様にとって幸多き年になることを心より祈念して、新年の御挨拶といたします。

                   平成31年元旦
                   航空総隊司令官 空将 武藤 茂樹
 
 
 
 
上向き矢印  このページのトップ
 
 
 
 
Copyright(C) 2010 JASDF. All Right Reserved.