航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第35代航空幕僚長
丸 茂 吉 成
(ま る も よ し な り)

防衛大学校27期
群馬県出身
平成29年12月 航空幕僚長に就任

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。この度、12月20日付をもって第35代航空幕僚長に就任しました丸茂吉成です。旧年中は、航空自衛隊に対し格別のご厚誼を賜り、ありがとうございました。

わが国を取り巻く安全保障環境は、一層厳しさを増しております。わが国周辺では、軍事力の近代化・強化や軍事活動などの活発化の傾向がより顕著にみられるなど、安全保障上の課題や不安定要因は、より深刻化しています。

昨年を振り返りますと、航空自衛隊は、対領空侵犯措置、災害派遣等の各種任務を着実に遂行してきました。中でも、昨年7月、南西航空方面隊を新編し、南西地域の防空体制を一層強化しました。また、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対しては、いかなる事態にも対応できるよう、情報収集や警戒監視などに万全を期してまいりました。そのような中、浜松基地所属の救難ヘリコプターUH-60Jが、飛行訓練中に墜落する事故が発生し、数々の災害派遣で活躍してくれた大切な仲間を失ったことは、誠に痛恨の極みであり、今後の事故防止に万全を期す所存です。

新しい年においても、航空自衛隊は、多様化する任務を着実に遂行するとともに、実効的な対処力を向上させ、わが国の領空等を守るため、任務に邁進し、国民の皆様の負託に応えたいと思います。本年も引き続き、皆様の航空自衛隊に対するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

最後に、ホームページをご覧の皆様のご健勝及びご多幸を祈念して、年頭のご挨拶といたします。

平成30年1月1日   航空幕僚長 空将 丸茂 吉成


略 歴

昭和58年 3月
入隊
平成21年 7月
第8航空団司令(築城)
平成24年 1月
航空幕僚監部運用支援・情報部長(市ヶ谷)
平成25年 8月
航空幕僚監部防衛部長(市ヶ谷)
平成26年 8月
西部航空方面隊司令官(春日)
平成27年12月
航空幕僚副長(市ヶ谷)
平成29年12月
現職