航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第35代航空幕僚長
丸 茂 吉 成
(ま る も よ し な り)

防衛大学校27期
群馬県出身
平成29年12月 航空幕僚長に就任

 

若鮎おどる季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、平成30年6月6日(水)から9日(土)までの間、フィリピン空軍司令官からの招待に応じ、フィリピン空軍主催エア・フォース・シンポジウムに参加するためフィリピンを訪問しました。

今回参加したエア・フォース・シンポジウムは、安全保障に関するテーマに沿って、参加者の意見交換が行われるものであり、招待者は各国空軍等の高官で、航空自衛隊は2015年に初めて招待を受け、以来毎年参加しております。今回のシンポジウムには、日本、米国及びオーストラリアが参加しており、シンポジウムのテーマは、「新たな安全保障課題への対応のためのエア・パワーの利用-平和と強靭な発展のために-」でした。

フィリピン空軍司令官をはじめ、米国及びオーストラリア等の関係者と会談・意見交換を実施することで、各国空軍種との防衛協力・交流を促進できました。

これからも機会を捉え、インド太平洋地域の空軍等と多層的に幅広く防衛協力・交流を推進していきたいと考えております。

今後とも、皆様の航空自衛隊に対するご理解とご協力を、よろしくお願い申し上げます。

平成30年6月27日   航空幕僚長 空将 丸茂 吉成

フィリピン空軍司令官との会談 フィリピンにおける部隊訪問

略 歴

昭和58年 3月
入隊
平成21年 7月
第8航空団司令(築城)
平成24年 1月
航空幕僚監部運用支援・情報部長(市ヶ谷)
平成25年 8月
航空幕僚監部防衛部長(市ヶ谷)
平成26年 8月
西部航空方面隊司令官(春日)
平成27年12月
航空幕僚副長(市ヶ谷)
平成29年12月
現職