航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 男女共同参画・ワークライフバランス推進 > 女性自衛官の配置制限関連

女性自衛官の配置制限関連

本日、防衛省において「女性自衛官の戦闘機等への配置制限解除」が決定されました。

航空自衛隊における女性操縦者の養成から約20年が経過し、今日では、女性隊員が輸送機や救難機等の操縦者として国の内外で各種任務に従事するとともに、女性の飛行隊長や仕事と育児等を両立し活躍する女性操縦者も誕生しています。

航空自衛隊は、性差によらず個人の能力、適性及び意欲を有する隊員を全ての配置に登用することにより、男女ともに全ての隊員が等しく責任を担う組織として、我が国の平和と国民の皆様の安全を確実に守る努力を続けてまいります。


平成27年11月13日


【関連情報】

 女性自衛官の配置制限解除について(防衛省ホームページ)




【活躍する輸送機、救難機等の女性操縦者】
初の女性飛行隊長 防衛大学校卒初の女性操縦者 航空学生初の女性操縦者

海外任務でも活躍中
(自衛隊初の女性操縦者の海外派遣)
帰国後、久しぶりの家族との対面 救難部隊で活躍中の操縦者

空中給油・輸送機部隊で
活躍中の操縦者
輸送機部隊で活躍中の操縦者 ヘリコプター部隊で活躍中の操縦者